ブログトップ

祭り用品の日本一の品揃え

橋本屋はお祭り用品 日本一の品ぞろえを自負いたします♪
日本一たる所以は、日本一の在庫にあります。
腹掛・股引の店頭在庫種類は全40種類で在庫数は約15.000点内子供用も間違いなく日本一!全15種類3000点以上です。
鯉口シャツは全5.000枚で内女性用も1.000枚近く在庫しております。子供用鯉口シャツも内500枚以上
法被・半纏も1.000点以上、地下足袋・足袋・雪駄にいたっては20.000点近くピーク時にはストックしております。
袋物・巾着・ポシェット・髪飾り・お面などの小物は30.000点
祭東京江戸一商品も腹掛・股引・鯉口・大人用・女性用・子供用合わせて、全5.000点もピーク時には用意してお客様のお祭りに間に合うようにメチャクチャ頑張って在庫をしております。
したがって即日配送率(当日出荷率)は90%を優に超えます。

お客様のお祭りは待ったなしです!他社にないサイズは橋本屋にはほぼありますよ♪

お祭りで日本を元気にする! 橋本屋頑張って毎日配送いたします!!

江戸一商品は今現在、全品送料無料のキャンペーン中です

江戸一送料無料キャンペーンはここをクリック!

愛 感謝

江戸一商品全品が送料無料!

祭り用品 鯉口シャツ

鯉口シャツは地方により肉襦袢ともよばれています。形状は鯉の口のように袖口がすぼまっています。脇のシルエットも曲線に仕立て上げております。ダボシャツとは一線を画しておりますが、袖口と脇(袖付け)の形状が大きなちがいです。
肉の襦袢とは実は刺青のことなんです。肉襦袢は江戸時代の駕籠かき(雲助)、博徒、宿場町には必ずそこを治めていた任侠の方々が刺青に直接腹掛をしていたことから、本物の刺青ではなくそれまがいとして近年、肉襦袢として腹掛の下に着用しだしたのが鯉口シャツ(肉襦袢)となったと私は考えます。

橋本屋オリジナル鯉口シャツ
江戸一 虎 鯉口シャツ江戸一 龍 鯉口シャツ

鯉口シャツも法被・半纏と同じで、小幅生地からの作成が伝統のある地区の鯉口シャツかと思われます。したがって、鯉口シャツにも背縫いがないと小幅仕立てとはなりません。
着物の反物(小幅もの)が原点ですので、自地区の鯉口シャツが背縫いがあるなしの意味を知るためにはかりに江戸の昔からやっていたお祭りであるなら、背縫いがあるのが本当の伝統を大切にされているお祭りかと私は思います。
背縫いが無いから悪いと言っているわけではございませんので、勘違いをなさらないでください。

愛 感謝

祭り用品【法被・半纏】

お祭りの衣装といえばまず初めに法被・半纏を思い浮かびますね。
どこ【所属】のだれ【役割】かが、襟先と大紋を見れば直ぐにわかるようになっているのが法被・半纏です。
私の生まれ育った遠州地区(静岡の西部の東の端っこ)では、【法被】とほとんどの人が呼びます。
半纏というのはこちらでは冬の綿入れ半纏の事をはんてんと呼ぶため、あまり呼び方に馴染みがありません。
大まかに呼び名を分けると東海地区を境に西日本は法被、関東、東日本は半纏と呼ぶのが多いと感じております。
法被と半纏の違いは諸説ありますが、法被はお公家様からの発祥し、半纏は町民や商人からの派生との事であると私は認識しております。
従って西に都があった時代は法被・東(江戸)に日本の中心が移ってからは半纏の歴史が始まり、法被・半纏が両建てで入り乱れながら文化として今日にいたっていると考えます。
揃いの法被
昭和の機織り機が広幅(70㎝~150㎝程)の織機に移行する前は、法被・半纏と同じく小幅(35㎝~42㎝程)でしか作成は不可能でした。
戦後昭和の27~28年頃からかなり織機の発達により広幅が生産されたと聞いてます。ということは、小幅でしか祭りの衣装は作成をされていなかった事がわかりますよね。
【我が町はお祭りに伝統がある。】と仕事柄よく耳にしますが、私はまず最初にそこの町の法被・半纏の背縫いを確認します。
で、法被に背縫いがある祭り衣装は「流石にきっちり伝統を守っておられる」と感心をいたしますが、背縫いが無い法被・半纏を羽織って伝統だ、文化だ、とおっしゃる地区の方は残念ですが、【本質】を見られてないなあと悲しくなります。

我が町【自地区】の伝統や文化をキッチリ理解した上で発言をしたいものです。昭和以前のお祭り衣装では背縫いが無い法被・半纏はあり得ないというか、存在しておりません(爆)多分ご存じ無いから仕方がないといえば仕方がないのでしょう。江戸の昔から伝わる伝統あるお祭りでは間違いなく背縫いがある法被・半纏を羽織ってらっしゃいます。
仮に背縫いが無いものを羽織っていらっしゃる方は、その作成した呉服店や洋品店がどこかのタイミングで背縫いを止めて作成をしたに違いありません。

橋本屋祭館おすすめの法被・半纏はここをクリック!

コスト的には背縫いが無い方がめんどくさい柄合わせや染の型合わせも無く、コストダウンができます。しかも早く仕上がります。今の風潮かもしれませんね。(泣)早くて安く簡単に出来る方を望み、そっちの方に流されるのは否めません。しかし、今まで培ってきた伝統文化(意味のある事)を知らず知らずのうちに打ち消してしまっている現状に、私は【お祭りで日本を元気にする!】のミッション(理念)の元に、祭り衣装を通じて伝えて行きたいと考えます。

【背縫いが無い法被は法被ではありません。】
悲しいかな自分の地区の法被が背縫いが無い場合は、是非ご一考頂き本来の背縫いの有る法被姿に戻してあげてください。
お手伝いをさせていただきます。

文責 【専務 黒田 典男=祭典男】

祭り用品

祭り用品

【初めて参加のお祭り用品の選び方①】(初心者編)

初めての祭り参加の場合、特に気をつけることは参加するお祭り衣装の格好を事前に他の知り合いの方から情報得て、まず法被・半纏・鯉口シャツ・腹掛・股引・足元【足袋or地下足袋、雪駄】の種類をお聞きすることですね。
お祭りは神様の前にでる衣装(神社のお祭りの場合)として、大基本は【お揃い】が基本です。今どきの一人だけ目立つ格好が格好いいとされません。従って揃いの色・柄が指定されている場合は必ずそれに従ってください。それが日本の神社(神様)のお祭りの大基本なのです。

神社のお祭りの場合は必ず氏子総代さんがいらっしゃいます。祭り衣装をとことん気にされる方は、総代さんにお聞きするのが本筋かと思われます。
神社からの貸し出し(レンタル)を用意している場合(神社)もございます。
「うちのお祭り衣装が決まってない。」と周りの知り合いや総代さんがおっしゃられたら、その場合でも多数派の衣装に揃えて頂くのが懸命でしょう。

特に腹掛・股引の種類と色、足元の種類と色、はそこのお祭り参加の多数派に倣い、合わせてください。
神輿を担ぐ場合は法被・半纏は必須となりますので、そこ(町会のお揃いがあるのか?ないのか?)もご注意ください。自分だけ目立とうとすることはお祭り(以下日本の神様のお祭り)ではご法度です。但し、地区により出し物や催し物の為に化粧をしたり、奇異な格好をしたりする地区もございますので、特に神事として神輿を担いだり練り屋台を曳く場合は基本【お揃い】と考えてください。
特に初めてのお祭り参加の場合は特にその点を踏まえて、神様の前にでてください。
あくまで神社(神様)のお祭りです。
【揃いの半纏】【揃いの法被】とよく耳にしませんか?

 mishima
mikoshi
mori1

【初めて参加のお祭り用品の選び方②】(初心者編)

どんな格好で参加していいのかの情報を得るために、下記に必要項目を記載しておきます。
①法被・半纏はお揃いの指定があるかどうか?
②腹掛は着るのか、着ないのか。着る場合は色は?
③股引は長いか、短いか(半だこかどうか?)色は?
④鯉口シャツはお揃いの指定の商品があるのか?
⑤足元は足袋なのか、地下足袋なのか?足袋の場合は雪駄の鼻緒の色は?地下足袋の種類と色は?
子供さんの場合はそんなに神経質になる事もないかとは思われますが、大人の場合は地区によってはとても厳しい決まりがある場合もございますのでご注意くださいませ。

【初めて参加のお祭り用品の商品紹介③】(初心者編)

①法被・半纏に決まりがない場合はこちらからお好きな商品をお選びください。

ここをクリック!
     
http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr140

②-a腹掛・股引・鯉口シャツ・足元に決まりがない場合は
当社の一番のお勧め商品でお祭り衣装7点セット(大人男性用・女性専用・子供用)はこちらからございます。
ここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/category-17.html
set1

 
set2set3

      
色も黒・紺・白の3色全て網羅し、大人男性用セットはもちろんのこと、女性専用のセットもこの春より股引のサイズをさらにSSサイズを追加し、他社にない本物商品をよりお値打ちにご提供しております。とくに子供セットにはとても好評を戴き、0歳児~5,980円(税込6,458円)で、しかも7点セットで送料無料!しかも即日配送(急いでいる方にはとっても大好評中)本州ならほぼ翌日到着です!これまでのセット販売累計は25,000セットを超えました!

②-b腹掛単品をお求めの場合はこちらまで、
腹掛単品はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/category-2.html
大人用・子供用色も白・黒・紺・藍染とございます。
ヤマタ印は橋本屋のオリジナル商品です。

harakuro1harakonn1shirohara5

ヤマタ黒腹掛0~16才1,000円~(税別)   ヤマタ紺腹掛0~16才1,000円~(税別)  白腹掛小~大1,790円(税別) 

③股引単品をお求めの場合はこちらまで、
股引単品はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/category-3.html
大人用・子供用色も白・黒・紺・藍染とございます。

momo6shiromomo3handako5

ヤマタ黒ゴム股引0~16才1,000円~(税別) ヤマタ白ゴム股引0~16才1,000円~(税別) 白半股引0~16才1,000円~(税別)  

④鯉口シャツ単品をお求めの方はこちらまで、
http://www.hashimotoya-maturi.com/category-1.html
鯉口シャツ単品はここをクリック!

他社にはない、女性専用の型紙を使いバストラインを意識してウエストをシェイプしたシルエットに気を使った鯉口シャツは橋本屋オリジナルでもあり、他社では存在しておりません。東京祭江戸一も女性用の鯉口シャツを企画しております。やはり一流の祭りメーカーはお客様のご意見、情報を参考に商品開発をしっかり前向きに考えております。
edo1koikuti

他社製品は基本は男性用のシルエットの型紙ですので、やはりダボつきともたついたウエストラインで格好がわるいですよ(爆)他社のことはあまり言いたくありませんが(笑)

koi1koi2koi3koi4

洋服に男性用・女性用とあるのに、何故祭り衣装は男女兼用なの?という素朴なお客様からのご提案、情報により、橋本屋も女性用の鯉口シャツを力を入れて開発販売しております。

⑤足元【足袋・地下足袋・雪駄】その他付属品【木札・巾着・ポシェット】をお求めのお客様はこちらまで、

岡足袋単品をお求めの方はこちら…
岡足袋単品はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr28

kurotabi  shirotabi kontabi kodomotabi       
黒足袋日本製1,600円~(税別) 白足袋日本製1,000円~(税別)  紺足袋日本製1,260円~(税別)  子供日本製700円~(税別)

雪駄単品をお求めの方はこちら…
雪駄単品はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr293
sandosettaamesettalitesettatoukibisetta

        
サンド底1,400円(税別)    アメ底1,400円(税別)   ライト底金具なし1,600円(税別)  唐黍タイヤ底1,900円(税別)

地下足袋単品をお求めの方はこちら…
地下足袋単品はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr2

yamataairsaireiairjogkodomojikatabi
     
ヤマタエアー3,300円(税別)   祭禮足袋2,200円(税別)    エアージョグ3,980円(税別)     子供用1,500円(税別)

【木札】をお求めの方はこちらまで…
【木札】はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/category-9.html
木札はお守りです。基本的に木札に入れる銘は…
①自分の名前(苗字は変わる恐れがありますので) ②家紋 ③所属する団体名 ④その地区名 ⑤神社のお名前 ⑥神紋(社紋) ⑦子供の名前

が一般的でございます。橋本屋は①名前(自分) ②家紋(ご先祖様) ③所属する団体名(氏子) ④神社(氏神様)の4種類をおすすめしております。この4種類が入りしかも神社にてその木札をお祓いしていただければ、完璧なお守り木札として最強のものになるとご説明をしております。
別に決まりはございませんが、意味のある木札となりますことは間違いございません。

radensakurakifuda
    
螺鈿木札4,000円~(税別)        桜木札3,240円~(税別)

【巾着】をお求めの方はこちら…
【巾着】はここをクリック!
http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr18
edo1kinntyakusasikokinntyakusasikukinntyakuedo1kinntyaku2

     
江戸一柄巾着1,500円(税別)   刺し子巾着1,700円(税別)   オリジナル巾着780円(税別)  江戸一柄巾着1,000円(税別)

【ポシェット】をお求めの方はこちら…
【ポシェット】はここをクリック!

http://www.hashimotoya-maturi.com/fs/hashimotoya/c/gr249


4 1 gazou 5
オリジナルポシェット980円(税別) /大バラポシェット980円(税別)/ 刺し子ポシェット1,580円(税別)/ 江戸一柄1,000円(税別)

便利な手拭

これから段々と気温が上昇し屋内外を問わず汗をかく季節になってきます。

TVの中継等でハンカチ等で汗を拭って暑そうに歩いてる姿を見る事も多くなるでしょう。

ハンカチも良いですがこんな時には「てぬぐい」も役に立ちます!

橋本屋で取り扱っている綿100パーセンの天然素材のてぬぐいは水分を吸収しやすく、
吸収した水分を発散しやすい特性をもつ綿100%素材の手拭いは汗を拭(ぬぐ)うのに最適です!

水分が発散しやすいって事は乾きやすいという事でもあるので汚れてきたなって思えば、洗って風通しの良い場所に置いておけばそんなに時間も掛からず乾くからまた使えるって事ですよね。

そんな手軽に使える手拭が日常生活に広まり出したのは鎌倉時代あたりからと言われています。
その時代にはもちろんハンカチなんかはありませんし、手拭いが一般的に広く使われていたはずです。

手拭いの使い方には汗を拭う、物を包む、怪我をした時に切り裂いて包帯代わりにしたり、柄を楽しむインテリアとしてなど、多種多様にわたり使われます。

実際に私も玄関に手拭いを観賞用インテリアとして飾っていますよ!!

山王まつり 千代田区永田町 日枝神社 

山王まつり

山王まつりは神田祭・深川祭とともに江戸三大祭りの筆頭として、
更になんと日本の三大祭りにも数えられている、大変盛大なお祭りです。

かつて江戸時代には、江戸城内に御神輿と山車の入御を許可され、
三代将軍家光公以来の歴代将軍が上覧拝礼したという「天下祭り」です。

専務初投稿♪

お世話になります♪
橋本屋専務の黒田典男です。
こちらでもボチボチと色んな投稿をしてまいります♪
愛感謝
null

三月人形 飾り付け

飾り付けにお伺いさせて頂き、撮影させて頂きました。
全体がピンク系のお色で統一された可愛らしい三月人形の「花音(かのん)」です。

花音

毘沙門天大祭 だるま市 富士市今井

毘沙門天妙法寺
富士市今井
2014年2月6日(木)~8日(土)
2012020121070395e

日本三大だるま市のひとつとしても有名な富士市の毘沙門天妙法寺の大祭「だるま市」

 

「起上小法師」の七転八起の縁起の良さと「毘沙門天」の災い転じて福となして開運を呼び込み、
立派なひげを蓄えたこのだるまは五穀豊穣、商売繁昌などの縁起物として人気があります。
 

開眼に関して橋本屋としてはだるまの左目から開眼する様に伝えています。

ひょっとこが世界を変える!

二宮和也さんが出演されてるJCBのCMで「だるま」編

ひょっとこのお面

付けると笑いが溢れる「ひょっとこ」のお面、お一ついかがですか??

だっくら

今週末の日曜(8/4)には地元御前崎市のみなとまつりが開催されるんです

そのみなとまつりの当日昼間に「だっくら丸」といわれる船を担ぎながら海に入る神事「だっくら」があります
だっくら
新造船の耐久力を誇る進水式で、水祝いと言われる進水祝で海神様に捧げる行事とされています。
わたしも10年程前には出てましたよ~

試乗でリフレッシュ

7月はご利用頂いた皆様のお蔭で販売記録を塗り替える事ができました。

大変ありがとうございます!

私事ですが7月最後の休みには試乗をしてきました。
DIAVEL
試乗キャンペーンをやっていたので、約6時間程乗らせてもらえました。

楽しかったのですが天気が良すぎて手首に日焼けの跡が・・・(泣

古田さんが着てました

本日、朝のTV番組の中で古田新太さんがまたまた鯉口シャツを着て出演されていました。

古田さんは以前にも、鯉口シャツの「大牡丹」を着てTV出演されており、
その影響からその後にかなりの注文が入ってきたのを覚えています。

今回着ていた鯉口シャツは「江戸一 特撰手拭 蛇踊り」でした。
江戸一 蛇踊り

手拭生地を使用してますので肌触りもサラリとしており、暑い時期にはピッタリな一枚です。

お求めはコチラからどうぞ!

父の日にいかがです?

今月16日は父の日です

そんな父の日のプレゼント用との事で多数の注文を頂いていますのが「江戸一 甚平」

甚平

お取り寄せにはなりますが12日までにご注文を頂けますと16日にはお届けできますよ ^-^
※注文の重複により完売となる場合もあります

そんな江戸一甚平はここをクリック!

東京 須賀神社例大祭

須賀神社は江戸初期より四谷の地に鎮座する四谷十八ヵ町の鎮守様です。

毎年六月に行われる御祭礼は古くは四谷の「天王祭り」と云われ、

江戸の五大祭りの一つとして有名です。

須賀神社

6月7日(金)から10日(月)まで例大祭が盛大におこなわれます。
6月8日(土)、6月9日(日)の2日間は、境内では多くの露店が出店し、
神楽殿においては奉納神楽等を終日行われます。