店内商品全品送料無料キャンペーン
大量購入割引 OUTLET 選び方ガイド ヤマタ エアー足袋 橋本屋2017年カレンダーダウンロード配信中 橋本屋 祭館 卸 即納 鯉のぼり専門店 モバイルも充実
橋本屋の3大会員特典 新規会員登録
専務ブログ橋本屋だら♪ 専務ブログ祭歳時記
カレンダー


水曜日定休
営業時間 10:00〜18:00

股引の下にはパンツを履く

股引の下には、パンツをはくのが良いです。
この理由は、股引を着る工程にあります。
股引は普通のパンツとは異なり、タイツやストッキングのようにタイトな作りになっています。

普通のズボンはある程度、雑に扱っても問題はありません。
足を通して履き、最後にベルトをして固定するといった履き方です。
しかし、股引はそうはいきません。
適当なはき方をしますと痛みやすくなります。
大切な股引を長期的に使用するために大切に扱いたいです。

それでは股引・半股引の着方について説明をしたいと思います。
股引・半股引を着る際は、必ず片足ずつ入れるようにすると良いです。
その際に、片足の上までしっかりと通してから次の足の操作をするというのが基本です。
決して勢いをつけて着るのではなく、ゆっくり足を入れるのがコツです。
この着方をすることで、生地を傷めずに着ることができます。

そして股引や半股引には前に開口部、後ろにも分け目があるため、ここで中にはいているパンツが見えなくなるようにします。
どうでしょうか、パンツを着ている事で、ゆっくり落ちついて作業ができると思います。
これが裸だとやはりどこかで恥ずかしさもあり、落ち着いて作業ができないのではないかと思います。