オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

股引の色の違いって? その1

股引には様々な色のものがあります。
穿くときはどんな色でもいいと思いますが、具体的に色の違いがあるのかどうか、気になったことはありませんか。
今回は色について詳しく見ていきましょう。

股引には黒や白、紺などといった色があります。
一番多い色としては黒が多いです。
安く販売されている股引であれば、黒か白が多いです。
特にこだわりがなく、家族の分などで多く注文する人なら、黒を選ぶ人が多いです。

股引には黒が多いと言いましたが、日本の伝統的な色と言えば藍染、つまり紺色のものです。
正統派でこだわりのある人がこの色のものを着用することが多いです。
紺は最初の見た目が黒っぽく、その色合いから何のインパクトを感じないことが多いですが、洗うたびにきれいな色合いになることが特長の色です。
紺の股引には、何度か洗いの処理をしているものも販売されています。
紺は祭りなどの地域の行事でよく使用され、その格好はとても美しく見えます。

白の股引もありますが、これは夏の暑い時期に穿くことが多いです。
白は涼しさを表す色であることから、夏場によく使われることが多いです。
夏であれば白を着用してもいいですが、それ以外の季節であれば黒か紺を選べば大丈夫です。

股引情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!