店内商品全品送料無料キャンペーン
オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

股引の色の違いって? その3

お祭りなどでよく見かける衣装として股引があります。
股引の色でよく見るのは、黒・白・紺が多いです。
これらの色は、様々な捉え方によって使い分けられることがあります。
それぞれの色の違いには、どんなものがあるのでしょうか。

お祭りなどに合わせて利用される股引は、よく選ばれる色として黒や白があります。
この2色は以前は冠婚葬祭の色でお祭ではあまり見かけられませんでしたが、現在ではメジャーな色となっていて、安価な商品としてもこれらの色が販売されています。
特に白は、夏になるとよくはいている人が多いです。
白は涼しさを演出する色でもあることで、夏の暑い時期に涼しさを表す際によく利用されています。

黒や白もいいですが日本の伝統的な色としては、紺や藍色も欠かせない存在です。
正統派な色合いのイメージで、祭りではこれを身に付けるといった人が多いです。
しかし、この色合いのものは価格が少し高めに設定されていることや独特の染め方による洗濯の難しさなどから、使うのをためらう人が多いです。

しかし、最近では藍染を模した紺の股引が販売されています。
藍染のように個性的な色合いは出せませんが、それに近いものとして選ぶ人が多いです。
価格は本物の藍染よりも安いですが、それを見る人によれば模造品だと思われてしまうことがあるので、そんなことは気にしないという人がこれを選びます。

股引情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!