オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

高い祭り用品と安い祭り用品はどこが違う?!

祭り用品にも安物と高級な品物があり、お店でも色々な値段の祭り用品が販売されています。量販店で売られているような、手軽に購入出来るタイプも初心者には良いのですが、祭り用品に慣れてきたら少しずつ品質の良いものにチャレンジしてみましょう。拘り抜いた数々のオリジナル商品を取り扱う店舗は少なくないため、まずは手に取ってその祭用品の違いを実感してみて下さい。高品質な祭用品を手に入れれば、イベントへの意識も大きく変わって来ます。例えば、派手な柄でお馴染みのおまつり用品である鯉口シャツに拘れば、他にはない独創性あるデザインで周りにアピール出来ます。鯉口シャツの安物は無地から始まり、少し柄があっても量産型のよくある柄が多いため、個性を強調出来ません。祭用品の中でも多数のデザインが揃えられている鯉口シャツだからこそ、妥協をせずに選ぶのが、お祭りを最大限に楽しむポイントとなります。全体的に均一に散りばめられたような模様ではなく、大きな迫力のある和風の絵が描かれたようなおまつり用品のシャツはインパクト抜群です。股引も同じ柄で上下セットにて売られている事も多く、目立ちたい方は必見のアイテムです。こうした個性の強いおまつり用品こそ値段がついており、価値が認められているのです。目立ちたい方や一目置かれたい方は、お祭りファッションの重要なポイントにしてみましょう。

通常よりも少し高い価格で売られている祭用品には、値段が付けられているそれなりの理由があります。まず、祭用品のメインで使用している素材の質が異なります。衣装を着る上では必須の祭用品とも言える腹掛けや股引ですが、この2点は特に使用素材に拘る店舗が多くあります。薄手の生地ではなく、厚手の天竺木綿などの生地を使う事で、耐久性に優れた祭り用品を提供しています。鯉口シャツはインナーとして着るのが基本ですし、ダボシャツは活動的ではない状況で着用する祭り用品です。一方、腹掛けや股引はアウターとして外側に着るものであるため、外部からのダメージを防ぐ事の出来る構造である事が望ましいと言えます。だからこそ、厚手で丈夫な生地を使ったおまつり用品に価値が付けられているのです。また、おまつり用品は織り方にも各メーカーの個性が現れやすい特徴があります。全体のシルエットはもちろん、ポケットの位置や大きさ等の細部に至るまで、各製造方法によって全く違うものです。腹掛けだと、首元や袖の部分を別途補強したような製品もあるため、おまつり用品の着崩れやよれを防止する役割を果たしています。何度も着用する事によって生じるよれを防いで、安定した見た目を維持出来るような祭り用品が、高級な商品として出回っています。

通常のファッションでは、よくオシャレは足元からと言われるように、靴に気を遣う人は多いものです。祭り用品もそれと同じで、お祭りの衣装である足袋やわらじに力を入れる事で、より洗練された見栄えになります。祭り用品として
は、地下足袋や岡足袋・わらじ等が足元のファッションになりますが、商品をよく比較するとその違いの大きさに気付く事が出来ます。まず、祭り用品の地下足袋は、耐久性の良さや安全性の高さで価格が異なります。安い祭用品の地下足袋は破損や劣化が早く、履き心地も安定しない簡素な作りになっています。一方、高い祭用品の地下足袋は履き心地が良く、抜群の安定感と耐久力を持っています。更に機能面を考慮したものはエアージョグとして祭用品店で売られており、靴底に丈夫な滑り止めがついています。おまつり用品として特性の合成素材で独自の製法を用いて考案されているため、どの方向からでも、どんな水分に対しても耐え得る頑丈さを備えています。価格は通常のおまつり用品より高いながらも、お神輿を担ぐ人は足元を滑らすと非常に危険なため、こうした滑りにくい加工を施した製品がおまつり用品売り場で非常に高い人気を得ています。担ぎ手の方には手放せない一品となりますので、まだ触れた事のない方は一度履いてみて下さい。

腹掛情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!