オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

祭り用品のサイズ選び方!

祭用品は私服と違う形状の服が大半のため、そのサイズ感に戸惑いがちです。それぞれ上着・下着と各祭用品の良さを、最大限に引き出す着方をする事が重要です。まず、上着やダボシャツ・ダボズボンは少しだけ大きい方が粋に見えます。だからと言って大き過ぎれば"着せられている感"が出てしまうので、程良く大きなサイズの祭用品を選択するのが適切です。ダボ系の祭り用品は夏場に着る事が多いため、風通しの良い大きな袖口のついた服を着る方が実用的な上、涼しげに見えます。また、神輿を担ぎ終わった後や練り歩きの後に着たりする祭り用品でもあります。本番の衣装とは違った、リラックス感を味わえるゆったりとしたサイズの祭り用品を選ぶと、服の良さを活かせます。大きなおまつり用品の服を選ぶメリットは、基本的には着脱のしやすさにありますが、他にも子どもの成長に合わせられると言う利点もあります。可愛い子どもにこそおまつり用品を着せたくなるものですが、背の低い内からジャストサイズの服を買うと、成長して着られなくなる可能性があります。価格面を気にする方は特に、子どもの成長度合いを考えて少し大きめのおまつり用品を買っておけば数年間安心出来ます。大き過ぎると裾を引きずったり、踏まれたりする恐れもあるので、これもまた、適度に大きなサイズを選ぶのがベストと言えます。

祭り用品のサイズ選びで特に迷ってしまうのが、小さな子供の衣装です。子どもは身体の成長が非常に早く、どの時期にどの程度成長するのか見当もつきません。ワンサイズ上の祭り用品を購入しても、次の年着られなくなったと言う事例もあります。こうして考えると、子どもの祭り用品はある程度、妥協する事が望ましいと言えます。例えば、祭用品の靴を購入するにしても、足のサイズは少し変わっただけでサイズが合わなくなってしまうものです。子どもは足ももちろん大きく成長するため、祭用品専用の足袋を合わせようとしたら毎年のように購入しなければならなくなります。サイズの合わない靴を履き続けていると、内反小趾や外反母趾と言った足の異常を引き起こす事にも繋がります。祭用品の足袋は、前の年と同じサイズのものを使うくらいであれば、普段履きなれている靴を与えた方が健康上適切と言えます。これは小さな子どもに限らず、中学生〜高校生にも当てはまる事ですので、成長期が完全に終わっていない限りは油断しないようにしましょう。よく、おまつり用品と言えば股引のサイズに注意するように言われますが、長時間の練り歩きを考えればおまつり用品の靴のサイズが最重要とすら言えます。子どもだけでなく、大人も家族全員で祭用品の靴との相性を見直してみて下さい。おまつり用品として履いて違和感を覚える際には、自分に合った靴に買い替える事も大切です。

おまつり用品を買った経験のない人は、独特のサイズ表記に苦戦する事があります。例えば、腹がけのサイズは祭用品の中でも非常に特殊で、背中で交差している紐の大きさが基準となっています。この祭用品特有のサイズ表記に慣れるのは大変ですから、基本的には胸囲のサイズさえ分かっていればOKです。祭用品店で購入する際には、そのサイズを伝えましょう。特に女性は人によって前後しやすい部位のため、しっかりメジャーで計測してから祭り用品を選ぶ事が大切です。一番、祭り用品がカッコ良い感じに決まる大きさは、首元が少しキツめに見えるサイズです。胸の周りを測って、祭り用品が各サイズの中間くらいの大きさだった場合には、小さめの方を選ぶと良いでしょう。これは、おまつり用品をよりスタイリッシュに着こなす目的もありますが、中に着用しているシャツをはみ出させないためでもあります。もし、キツめのサイズが苦手と言う方や、お年寄りの方・若い方は思い切ってダボスタイルのおまつり用品に変えると言う方法もあります。地域での衣装の風潮や決まりが根強くない場合には、そうしたスタイルを自ら選択する事は有益です。特に夏場は小さいサイズを着ているとベタつきやすいため、利便性を考慮してもダボ系の服を選ぶのが最適です。周りの人達の様子を見たり、自らの立場を考えて決めましょう。

腹掛情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!