祭り用品 鯉口シャツ

鯉口シャツは地方により肉襦袢ともよばれています。形状は鯉の口のように袖口がすぼまっています。脇のシルエットも曲線に仕立て上げております。ダボシャツとは一線を画しておりますが、袖口と脇(袖付け)の形状が大きなちがいです。
肉の襦袢とは実は刺青のことなんです。肉襦袢は江戸時代の駕籠かき(雲助)、博徒、宿場町には必ずそこを治めていた任侠の方々が刺青に直接腹掛をしていたことから、本物の刺青ではなくそれまがいとして近年、肉襦袢として腹掛の下に着用しだしたのが鯉口シャツ(肉襦袢)となったと私は考えます。

橋本屋オリジナル鯉口シャツ
江戸一 虎 鯉口シャツ江戸一 龍 鯉口シャツ

鯉口シャツも法被・半纏と同じで、小幅生地からの作成が伝統のある地区の鯉口シャツかと思われます。したがって、鯉口シャツにも背縫いがないと小幅仕立てとはなりません。
着物の反物(小幅もの)が原点ですので、自地区の鯉口シャツが背縫いがあるなしの意味を知るためにはかりに江戸の昔からやっていたお祭りであるなら、背縫いがあるのが本当の伝統を大切にされているお祭りかと私は思います。
背縫いが無いから悪いと言っているわけではございませんので、勘違いをなさらないでください。

愛 感謝

橋本屋
株式会社 橋本屋 〒437-1612 静岡県御前崎市池新田4114-1
TEL : 0537-86-2135 FAX : 0537-86-2168 e-mail : support@hashimotoya-maturi.com