祭り用品 お面 鬼

鬼のお面です

今日は節分❤️
鬼は外❗福は内❗
豆まきをしましょう‼️
年の数だけ豆をいただくと無病息災(^_^)v
愛❤️感謝❤️

お祭り用品 お面 おかめ ひょっとこ

お面がお値打ちに安くご提供中‼️

ミニお面は(おかめ、ひょっとこ、キツネ、恵比寿様、大黒様、赤鬼、天狗)の7種類がなんと300円(税別)でご提供中‼️

他店では500円で販売されてます!プラスチックのおかめひょっとこのお面も420円にて❤️

和紙お面もなんと1,000円~

日本一リーズナブルなお面がたくさん揃ってます🎵(*^^*)

愛(*^^*)感謝❤️

祭り用品 江戸一

祭 東京江戸一ブランドの取り扱いは小売店舗では日本屈指の物流量を誇ります‼️江戸一腹掛け、股引き、鯉口シャツ、ダボシャツ、タボズボン、女性用の鯉口シャツ、女性用の股引き、子供用鯉口シャツ、子供用腹掛け、子供用股引きの江戸一商品の在庫は日本一の在庫を誇ります❗ヘタな問屋さんやお江戸の祭り用品専門店さんとも比べると圧倒的に在庫は積んでおります。ネットショップにて即納商品も抱えるために、柄によっては全サイズ(女性サイズも)揃えてございます。白と紺のまとい柄は特におすすめの鯉口シャツ柄でサイズも豊富にございます。是非店頭にもお足をお運びくださいませ‼️愛(^_^)v感謝鯉口シャツは女性用サイズも豊富に取り揃えております。

江戸一青縞の腹掛け股引きもほぼ全サイズ取り揃えております。

子供の鯉口シャツも柄が豊富に取り揃えております❤️

江戸一子供の腹掛け、股引きも黒、白、紺と全サイズ取り揃えております❤️

愛(^_^)v感謝

祭り用品 法被 アウトレット

祭り用品 法被のアウトレット品のご紹介です。

メーカー(染工場)が閉鎖のためな、な、なんと見本品や汚れなどの返品の物等が大量に橋本屋に入荷しました🎵襟先に名前があるものは1,000円(税別)均一名入れがない法被は2,000円(税別)均一と小売価格が通常安くても7,000円以上する法被ばかりです。残念ながらネット販売は出来ませんので店頭のお渡し、確認とさせていただきます。早い者勝ちです(爆)綿絽、シルク、麻素材もございます❤️愛(^_^)v感謝❤️背睦 襟先無地背睦 襟無地麻素材 背雪輪に筍 襟無地綿絽 背ひきらぎ? 襟無地総柄 背睦 襟無地 (さらに…)

祭り用品 腹掛け 股引き

橋本屋祭館では腹掛け、股引きは上下セットで全30種類以上、白黒紺藍染と日本一豊富に品揃えをしております。

価格も在庫量も間違いなく日本一を自負する程の安さ(お値段以上の品質保証)と在庫量(5万点の在庫)です。

子供ベビーサイズはじめ他店では取り扱いの無い、女性用の股引きや鯉口シャツなども大量にございます。

腹掛け股引きは大人用SS 寸各2,400円~ 子供用0才用各1,100円~

とリーズナブルな価格にて取り揃えてます❤️

今が祭り用品のピークの販売となりますので、在庫も豊富です。

是非一度店頭までお越し下さいませ。

愛(^_^)v感謝❤️
人気ブログランキングへ

https://www.hashimotoya-maturi.com

祭り用品 縁日グッズ

お祭りに欠かせない縁日用の楽しい、おもちゃやグッズが店頭にめじろ押しです❤️

お散歩用ビニール玩具、タイヤがついてひもでコロコロ引っ張ります❤️かさなんと385円より

その他お面や光るボール光るヨーヨー等全100種類位揃ってます。

価格は10円のガムからほぼ1,000円以下の品ばかりで、子供のお小遣いかいで買える範囲です。

店頭まで是非お越し下さい。

愛(^_^)v感謝❤️

伝統と文化【法被,半纏】


不易流行という諺がございます。不変的な事と時流と共に変わることはお祭りにも多数ございます。

今回は、こと法被・半纏に関して少し私の持論をお伝え申します。

私の店にもよくお客様がおみえになり「うちのお祭りは伝統があるから◯◯云々」と色んなお話をして頂きます。

とても蘊蓄もあるためになるお話も中には多数ございますが、こと衣装に関しての伝統や文化を語る場合は、間違いなく背縫いが有る法被・半纏を着ておられるのが大前提となります(^_^)v

ここまで読まれてははぁん。と思わない方は着物の歴史をしっかり学ばれた方がいいかとおもいます。これは上から目線では決してございませんので、ご了承くださいませ。

法被、半纏の発祥はやはり着物文化の羽織からのものであるとは、どこの文献や服飾の歴史をみても明らかです。

ということは、大基本は小幅の反物の歴史なんですね。着物に背縫いがないのがあり得ないのと同じです。

但しここ数年で実は伝統ある旅館やホテルが背縫い無しの浴衣を旅館で平気でお客様に着せているのが事実なんです。背縫いの無い着物はお洋服なんですよ🎵(爆)和ではありません‼

値段を安くする為だけの背縫い無しなんですよ‼(ちっぽけなコストダウンのためだけ)

広幅の生地は戦後の織機が普及してからしかありえません。伝統や文化を大切にしている地区は、そうそう法被や半纏の意匠を絶対かえません‼(キッパシ)

お祭りを創開始当初の先人の皆様たちの想いや心意気が詰まった意匠を、たまたまその時の担当者が声を大にして「この方が格好いい」とかあたかも多数意見のように持っていき、変えてしまうなんてとても私的には考えられません❤

私は常々法被、半纏を作成する時に必ずお伝えするのは、先人(諸先輩)の方の思いを大切にし、極力今まであった意匠(デザイン)を大切にし、使用してくださいと❗

仮に今自地区の法被が背縫いの無い法被だとしたら、、、しかもその地区が昭和20年代前から存在しているお祭りだとしたら、多分どこかでその法被はコストダウンの元に背縫いを省かれて作成されたのは否めません。

しかし、背縫い有り(最近は小幅ではなく広幅でも見せかけつまみで背縫いを作成している法被もありますが、全くもってOKです)の法被に今すぐからでも戻すことは可能です❤

伝統や文化を語るお祭りならまずはお祭りの参加衣装にも目を渡して下さいませ。

あなたの地区の法被、半纏は背縫いありますか?(^_^)

愛(^_^)v感謝❤

  •    
  •