オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

足袋の選び方は?

足袋を普段から購入しているという人は少なく、むしろ必要な状況になって初めて購入するという人の方が断然多いと思います。
しかし初めてなら尚更足袋の選び方なんて分かりませんよね。

なので今回はお祭り用の足袋を購入する際の選び方について紹介したいと思います。
とりあえずサイズが合わないと気持ちが悪いので、サイズで選ぶという人が多いと思います。
和装小物と言っても最近は靴のサイズで表記されているので、24センチという具合にサイズを選ぶ事が可能です。

ですが男性用の足袋ならそれで問題はありませんが、選ぶ際に難しいのは女性用です。
なぜかというと縦のサイズに合わせても横のサイズが大きすぎるからです。
どうしてこのような事が起こってしまうのかというと、従来祭りに参加して御輿を持ち上げるのは男性に限定されていたからです。
女性が参加するようになったのはここ数年の話です。
そのためほとんどの店舗では女性の足幅に合うサイズが販売していないというわけです。

なので女性用のたびが欲しいと思ったら、まずそのお店に女性用のサイズが販売されているかを確認する事が大切です。
もし近所のお店では男性用のサイズしか販売されていなかったという場合はネットショップで女性用のサイズを探してみて下さい。

 

足袋を普段から履きなれているという人は少ないと思います。
足袋は和装の靴下のようなものと思われている人も多いかもしれませんが、実は靴下よりも選び方が難しいのです。
なぜかというと、綿100%の場合はほとんど伸縮性がありません。
そのため自分の足のサイズに合っていないと変なシワが出てしまうのです。

それに足袋の場合は靴のようにしっかり覆われて隠れるという事がなく、履物をはいている時でも見えている状態です。
そのためサイズが自分に合うものを選ぶ必要がある一方で足にぴったりすぎると今度は窮屈で疲れやすくなったり、痛みを生じる場合があります。
そのためサイズに合っているけどぴったり過ぎないサイズを探さなければいけないのです。

ちなみに選ぶポイントは普段履いている靴のサイズよりも1サイズ小さいものを選ぶといいでしょう。
またどうしても綿100%だと足が疲れてしまうという人は伸びる素材で出来ている足袋も存在するので、そちらを選んでもいいと思います。
伸びる素材以外にも例えば雨の日にどうしてもたびを履かないといけないという場合なら、撥水効果のある素材やナイロン素材のたびもあるので用途に合わせて選びといいですね。
同じ白色を選べば遠目には素材まで区別つく人は少ないでしょう。

 

足袋というと日本の伝統的な和装の際に身に着ける履物ですが、日々進化しているのを知っていますか?
昔の人なら履きなれていて足袋を履いていても疲れるという事はなかったかもしれません。
しかし現代人は例えば成人式の時に振袖を着る時に初めて身に着けるという人もいるでしょう。
また祭りの際にお祭り用の地下足袋を身に着ける場合はかなり動き回る事が予測されます。
履いているだけで疲れていては祭りを楽しむ事ができませんよね。

そんな時に選んで欲しいのが疲れない仕様になっているたびなのです。
どんなものがあるのか?というと、例えば底の部分にエアークッションが入っているものがあります。
足への負担が少ないので疲れにくいという特徴があります。

また1日に何度も履いたり脱いだりする機会がある場合はコハゼの数が少ないものの方が便利ですよね。
中にはコハゼではなく、接着テープのものも売られているようです。
さすがに正式な場ではそんな足袋は風情がないと言われてしまいそうですが、お祭りなどの動く事、楽しむ事に重点を置く場合は、そうゆうものを選び事も1つの選択肢だと言えるのではないでしょうか?
どんなシーンで身に着けて、何に重点を置くのかで選び方が変わってくると言えるでしょう。

足袋情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!