ゴールデン期間中の営業ご案内
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
お祭り用品の橋本屋手拭い手拭いはどこで買うの?

手拭いはどこで買うの?

手拭いを購入する際は家から出なくても、簡単にインターネットなどでも購入できる時代になっています。 手拭いは数百円~千円程度の価格で購入することが出来ます。 手拭いはお祭り用品店以外でも和装の雑貨などを売っているお店などで、購入することが出来ます。

和装が有名といえば、やはり芸子さんが多いと言われている、京都ではないでしょうか? 京都ではお土産屋さんなどでも手拭いが売られていることがあり、お土産として購入していく人も多いようです。 手拭いは日本ならではの物ということで、外国人観光客などが日本のイメージに合っている手拭いを探し、購入することも多いです。 京都の手拭いは絵柄に特徴がある物ばかりで、梅が描かれている物や鯉が描かれている物などがあり、その中にはフジヤマという柄もあります。 手拭いは特徴がある柄が多いので、特徴のある柄の手拭いを1枚持っているだけでも、気持ちが違います。 手拭いにはいろいろな種類があるので、その中から自分が気に入ったデザインの手拭いを探すのも楽しいと思います。 気に入った柄を手に入れることが出来れば、使い続けているうちにいい風合いになっていくので、よりお気に入りの1枚になると思います。

 

お祭りなどでは手拭いを使うこともあり、おみこしや太鼓をたたくときに頭に巻いて使うことが多いです。 手拭いはお祭り用品を販売しているお店で、簡単に購入することが出来るのでお祭り用に1枚持っていてもいいと思います。 手拭いにはいろいろな種類があり、使う用途によって選び方を変えるのがポイントです。 柄の特徴で探す場合は一枚絵や総柄、京都や縁起、風景や桜などがあります。 京都などで販売されている手拭いは特徴的で、舞妓さんや京都の風景などが描かれている手拭いなどもあります。 京都で手拭いを購入する場合は、通常で購入するよりも高価な物が多く、個性的な手拭いを購入することが出来ます。

家庭で使うのではなくお祭りなどで使う手拭いを探しているのであれば、お祭り用品を販売しているお店を見に行って見ましょう。 お祭りなどで主に使われている手拭いの種類は、豆絞りなどの小紋だと思います。 このような種類であればどのお店に行っても、常においてある状態になっているので購入もしやすいです。 女性の場合は、はっぴに合わせて手拭いを選ぶ人も多く、赤などの色をした手拭いが好まれています。 赤色の手拭いを付けていると、顔色がよく見えお祭りを行っている際も元気で明るく楽しんでいる印象に見えます。

 

現在では、手拭いを家庭で使う人も多く、入浴を行う際に体を洗うタオルとして使っている人もいます。 お祭りでも使うことが多い手拭いは、頭に巻いたり汗を拭くものとして使ったり、首にかけて使ったりすることが出来ます。 お祭りでは、おみこしを担ぐときに頭に巻いている人を見かけ粋でカッコイイと感じたことがある人も多いと思います。

手拭いは、種類も多く購入する時に迷っていしまう人も多いようですが、迷った時は自分がどの用途で使うのかを思い浮かべるのがオススメです。 お祭り用品で購入することも出来ますが、手拭いを取り扱っている専門店なども多くあります。 手拭い専門店では、手拭いを購入することはもちろん自分のお気に入りの1枚を作ることも出来ます。 オリジナル手拭いを作ることも出来るので、名前入れたり結婚や誕生日などのお祝いの際に記念として作る人もいます。 手拭いを購入する際はカタログなどもあるので、簡単に購入することが出来ます。 年配の人の場合インターネットなどで購入することが難しい方もいます。 このような場合はお祭り用品を販売しているお店や手拭い専門店などに、直接出向いて購入する方がお好みの物を探しやすいです。 伝統的なお祭りが毎年開催される地域では、商店街などに手拭いを取り扱っているお店や専門店がある地域もああります。