お急ぎ便

九州地域大雨の影響
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
お祭り用品の橋本屋手拭い手拭いの保管方法

手拭いの保管方法

手拭いを買ったままタンスなどにしまって放置していまうと、手拭いが悪くなってしまうこともあるようです。 本染めで染めている手拭いは、使わないままにしておくと手拭いが傷んでしまうことがあります。 新品の手拭いを購入した場合は、のりや染料が付いているので購入した後は、しまう前に手洗いを行うようにましょう。 購入したばかりの手拭いは染料を落としておくことが大切で、手洗いを行ってからしまっておく方が手拭いが長持ちします。 手拭いを染める時に使われている染料が、硫化染料のときは特に手洗いを行っておかなければなりません。 染料の性質によって、ぜいかと呼ばれるものが手拭いを痛めてしまう原因だと言われています。 使う前に手拭いを痛めないようにしたい場合は、手洗いを行ってから保管するようにしましょう。

手拭いを保管する場合は、直射日光が当たってしまう場所を避けることが大切です。 直射日光を受けてしまうと、手拭いはすぐに色あせてしまい、使おうと思った時には色あせで使えなかったり、長年使っているような年季が入ってしまいます。 自宅で最も直射日光が当たらない場所を考えて、保管を行うと色あせをしてしまうことがなくなるので、手洗いを行ってから直射日光が当たらない場所で保管しましょう。

 

新品の手拭いを使わないまましまってしまうと、傷んでしまうことが考えられるので、使わない場合であっても手洗いを行ってからしまうようにしましょう。 手拭いを保管する場合は、色あせを防ぐために直射日光が当たらない場所で保管を行うのが基本です。 手拭いは直射日光だけでなく蛍光灯に長く当てておくことでも、色あせてしまうこともあります。

手拭いの保管方法にはもう一つポイントがあり、風通しのいい場所で保管することも大切です。 手拭いを洗う際は洗剤をあまり使わない方がいいと言われていて、使う前に出したら手拭いから嫌な臭いがすることも多々あります。 水洗いを行うだけでは嫌な臭いを抑えることが出来ないので、風通しがいい場所に保管するといいと考えられています。 手拭いを保管する場合は、カゴなどに保管しておく方がいいと思います。 長い間同じ場所に保管しておくことも、手拭いを痛めてしまう原因になってしまうそうです。 また手拭いを上手に保管する方法には、細かくたたんでしまうことも大切です。 使う予定がなく洗って保管する場合は、細かくたたんでしまっておくと、かさばって邪魔になってしまうこともなくなります。 きちんとたたんでおくと他の物を出す時に、他の衣類と絡まってしまうこともなくなるので、ストレスになってしまうこともありません。

 

オリジナルの本染めの手拭いや、思い出として取っておきたい手拭いは、色あせてしまったり傷んでしまうことは誰でも嫌な物です。 通常のようにお祭りだけで使う場合は、新しい年を迎えたときに新品の物に変えるという習慣があるので、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。 そのような場合であれば、色あせてしまっていても仕方ないですむかもしれませんが、思い出がある手拭いが色あせてしまうのは悲しいことです。 このような状態にならないようにするためには、手拭いをいい状態で保管しておくことが大切になります。

新品のまましまっておいた場合、使いたいときに出したら色あせていたという人も、多いのではないでしょうか? 新品のまま1回も使用せずにしまっておくと、ぜいかという現象が起きてしまい、手拭いの生地が弱くなってしまいます。 ぜいかと言われる現象がきてしまう原因は、手拭いを染めるときに使う染料に原因があるようです。 本染めで出来ている手拭いは、ナフトール染料や直接染料、反応染料やスレン染料、硫化染料などを使って手拭いを染めているので、直射日光などに弱いと言われています。 手洗いを行ってしまう場合は、暗い場所や風通しのいい場所に保管するようにしましょう。 このように保管を行えば、少しの間放置していても手拭いが傷んでしまうことを防ぐことが出来ます。