お祭り用品専門店の橋本屋 > あしもとや > 足袋シューズ > ランニング足袋

ランニング足袋の特徴として、親指と人差し指の間に切れ込みが入っているため、つま先部分が二つに分かれていることで足の指の力を使いやすくなっているというものがあります。これによってランニング
の際に効率的に足の力が使えるというのが、ランニング足袋の特徴の一つであると言われています。
また、通常の靴とは異なり非常に軽量のため、持ち運びしやすく、疲れにくいというのもランニング足袋ならではの特徴と言えるでしょう。

ランニング足袋のイメージ

ランニング足袋とランニングシューズの違いとは?
まず、明確に異なるのはその形状です。名前の通り、ランニング足袋はつま先の部分が二つに分かれています。
通常のランニングシューズはご存知の通りで、このような形状ではありません。
これにより、ランニング足袋は足の指が自由に動くため指先が使いやすく、より裸足で走っている状態に近くなっています。
走る際には、自然に親指と人差し指の間が広がり力が入りやすくなっているようです。

さらに、ランニング足袋とランニングシューズではソール部分も大きく異なります。
多くのランニングシューズではクッション性を高めるため厚いソールが使われていますが、ランニング足袋にはそのような厚いソールは使われておらず、薄めのソールが使われている場合が多く素足に近い着地感があります。

ランニング足袋のイメージ

ランニング足袋のメリットとディメリットは?
ランニング足袋はソールが薄いため地面からの反発が足や膝にダイレクトに伝わります。
そのため、まずは身体に負担にならない程度にトレーニングをはじめて、自分の足にランニング足袋での走り方を覚えさせていくのがいいでしょう。
自分がどのように足を使っているのか、どのように足裏が地面に接触しているのかを知ることが出来るというのが一番のメリットではないかと思います。

また、ランニング足袋を継続的に使うことでより効率的な疲れにくい走り方を得られるというメリットもあります。
通常のランニングシューズに比べ地面からの衝撃がダイレクトに伝わるため最初は疲れやすいとは思いますが、慣れてくれば自然と身体への負担が少ないフォームを手に入れることができるというのもメリットと言えるでしょう。

ランニング足袋のディメリットの一つとしてはこれまでと同様のランニングフォームで走ると怪我をしてしまう可能性がある、というものです。
現在では多くの日本人が踵から地面に着地する走り方(ヒールストライク)で走っていると言われています。
この走り方は昨今の分厚いクッション性の高いランニングシューズを履いているからできるものであるという認識が強いのです。
ランニング足袋はソールが非常に薄いため、今まで同様のヒールストライク走法で走ると、踵や膝を痛めてしまう可能性もあるため注意が必要です。

ランニング足袋のイメージ

ランニング足袋のサイズについて
ランニング足袋を使ってみたい!と思った方が最初に気になるのが、サイズの図り方は普通のランニングシューズとは異なるのだろうか?という点ではないでしょうか。
というのも、ランニング足袋は通常のランニングシューズよりも、より足のサイズにピッタリのサイズを履くのがよいとされてます。
ふつうのランニングシューズには、ソールや靴自体にある程度の硬さがありますが、ランニング足袋は普通のランニングシューズよりも薄く、柔らかい素材でできています。
そのため、大きめのサイズで履いてしまうと、すぐに靴擦れを起こしたり非常に走りづらいということが起こりやすくなってしまってます。
そのため、足の実寸をメジャーなどで測り、そのサイズを参考にしてサイズ選びをするようにしてみてください。

ランニング足袋のイメージ