店内商品全品送料無料キャンペーン
大量購入割引 OUTLET 選び方ガイド ヤマタ エアー足袋 橋本屋2017年カレンダーダウンロード配信中 橋本屋 祭館 卸 即納 鯉のぼり専門店 モバイルも充実
橋本屋の3大会員特典 新規会員登録
専務ブログ橋本屋だら♪ 専務ブログ祭歳時記
カレンダー


水曜日定休
営業時間 10:00〜18:00

エアー地下足袋の乾かし方

またエアー入り地下足袋に関してですが、こちらは確実に手洗いして下さい。
弱流水にして洗濯機に任せる方法もあるにはありますが、エアー入り地下足袋や地下足袋など足袋の底面にゴムが使用されている物は劣化を防ぐ為に手洗いにて洗濯する事が一番です。

またそれらの足袋の乾かし方ですが、形を整えて風通しの良い日陰に干して下さい。
古紙を中に詰めれば早く乾かす事ができます。
大切なのはゴムの劣化を防ぐ事です。

こちらはこだわりが無い人であれば、運動靴を洗うかのように洗濯してしまっても問題ありません。
しかし、ゴムの部分の劣化に気を付けて洗うことをお勧めします。
動き回る事の多い現場でのお仕事や、年に数度しかないお祭りで、ゴムの部分がはがれて歩きにくいとなれば気になって仕事どころではなくなってきますよね。
ゴムの接着剤がはがれないよう洗剤にも気を遣い、高温多湿を避けて風通しのよい日陰に干して下さい。

また乾いた後ですが、カビ防止で乾燥剤を入れた密閉容器に保管する事をお勧めします。ゴムの劣化に気を付けて、長持ちさせて下さいね。
ゴムを劣化させる直射日光を避け、古紙等を詰めて陰干しし、風通しの良い高温多湿を避けた直射日光の当たらない場所で保管します。
特に多湿は厳禁で、カビの繁殖はゴムを劣化させる可能性が高まりますから、よく乾かした後乾燥剤と共に保管する事が重要です。
是非正しいお手入れを実践してみて下さい。