オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

エアー足袋の洗い方

お祭り等でエアー足袋を使った後にはたくさんの汗が足袋に付着しているかと思います。
そのままにしておくと、汗がカビて匂いが発生してしまったり、製品が痛む原因にもなりますので、使用後はしっかりと洗っておくようにしましょう。
エアー足袋の洗いかたは製品によって細かくは変わってきますが、基本的に石鹸で手洗いも可能なものが多いかと思います。
まずは洗う前に製品のタグを読んで洗浄方法を確認してください。

石鹸で手洗いする場合には、水にしっかりとつけてから石鹸を手に取ってごしごしと洗ってみてください。ある程度の汚れですと綺麗に落ちてくれるかと思います。
特に紺色や色がついているものですと手洗いにした方が洗濯物の色落ちなどを気にしなくて良くて楽に洗えます。
そして石鹸を洗い流した後には出来るだけ水を絞ってから干してください。
エアー足袋は水にぬれたままで放置しておくと、足の裏のゴムの部分が痛んでくることもあるので、出来るだけ早く乾燥させるようにしましょう。洗濯物と同じように干せば大丈夫です。
またその際には皺を出来るだけ伸ばして干すことがポイントです。
布部分には皺が付きやすいので注意をするようにしましょう。
出来るだけ足袋の形になるようにして干してください。

 

エアー足袋は軽い汚れですと水洗いや、または石鹸などを使って手洗いが出来ますが、もしご家族数人分の足袋を洗わなくてはいけなくて面倒だ、という時には製品によっては洗濯機を使う事もできます。
洗濯機を使う場合にはしっかりと製品が洗濯機の使用が大丈夫かどうかを確認をしてからに成りますが、もし大乗な場合でもまずは足裏の出来るだけ落としておきましょう。
外を練り歩く地下足袋ですので、泥や小石は事前に払っておいてください。
そして他の洗濯物とは出来るだけ一緒に干さない方が良いのですが、エアー足袋が白色の足袋で色移りの心配がない場合にはネットなどに入れて洗濯をしても大丈夫でしょう。

反対に色がついていエアーる足袋は色落ちなどをしやすいので足袋だけで洗う事をお勧めします。
またその際に足袋の留め具が金属製品の場合には他の布地にひっかかり製品を痛めてしまう可能性もあるので、足袋だけで洗う場合にもネットを利用するようにしてください。
洗濯機を回した後は、手洗いと一緒で、出来るだけ皺を伸ばして干すようにしてください。

特にゴム部分の水分は干す前に拭っておいた方が良いかと思います。
ご家族分の足袋が合って面倒という場合には、エアー足袋を買う時にまずは洗濯機が使えるかどうかをチェックしておくと楽に管理が出来るのでお勧めです。

 

エアー足袋を洗った後にはしっかりと干すことが大切です。
生乾きですとそこから菌が発生してしまい匂いの元になってしまいますので、しっかりと乾かしておきましょう。
また、直射日光に当てるとゴムが傷んだり、布地部分が焼けてしまう場合があるので日陰干しにとどめる事がポイントです。
そして干す時には皺を出来るだけ伸ばすようにした方がよいのですが、布地の部分はどうしても皺が寄りやすいために、若干のよれなどは出来てしまうかと思います。
その時には、アイロンを使って皺を伸ばすことが出来るので試してみて下さい。

しかし、エアー足袋の種類よってはアイロンがけがNGの物もあるので、アイロンをかけたい場合には事前に製品をチェックしておくことが大切です。
また、アイロンがけをしても大丈夫な製品の場合でも足裏のゴム部分に熱を当てると変形してしまいますので注意をしてください。
金具なども高温になると大変危険ですので、アイロンが届く範囲の処置にとどめる事が大切です。
ある程度の布地を糊付けしながらアイロンをかけると見栄えもしっかりと整いますので、また来年も気持ちよく利用ができます。
エアー足袋によって扱い方は若干の誤差があるので、しっかりとポイントは抑えておくようにしましょう。

足袋情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!