店内商品全品送料無料キャンペーン
オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績 橋本屋2017年カレンダーダウンロード配信中 橋本屋 祭館 即納

エアー足袋の選び方は?

たびを選ぶにあたっては、サイズや色によって選ぶ方法があります。
これは地下足袋に限った話ではなく、エアー足袋にも当てはまるので、選び方を知っておくといいでしょう。
今回のようなたびの形は、歩きやすさを重視したもので、クッション性が高いものになっています。

サイズで選ぶのであれば、普段履いている靴のサイズより少し大きめのサイズを選ぶのが最適です。
お祭りのときは結構な距離を歩くことが多いので、そのため足がむくんでしまうため、少し大きめのサイズがいいと言われています。
自分の足と丁度のサイズを選んでしまうと、足がむくんだときに入らないので、注意が必要です。

色で選ぶ場合は、自分が履いている股引やズボンと同じ色で合わせることが大事です。
履いている股引の色が白色ならば、たびの色も白色にしなければなりません。
また、腹掛の色とも合わせなければなりませんが、鯉口シャツに関しては好きな色柄を選んでもいいのです。

エアー足袋などの地下足袋には、短いものと長いものがあります。
短いものは股引の裾の下に入れて履き、長いものはその中に股引を入れて履きます。
このように、2つのタイプによって履き方が異なるので、実際にどちらかを選んだときはこれらの履き方をしましょう。

 

お祭りで使われるようなたびは、クッション性がよく、疲れにくく、歩きやすいことが特長です。
特にエアー足袋は、長距離の移動でも足が疲れにくいことが特長で、人気が高い品物です。
神輿を担ぐなど、激しい動きを必要とするお祭りには、このタイプのものが最適です。

今回のような地下足袋に関しては、クッション性の質によって価格が異なると言われています。
安価なものは底がゴムでできていて、薄い履き心地になっているものが多いです。
エアー足袋は高価なものであり、クッション性が高く動き回っても疲れないことが大きな特徴です。
神輿を担ぐ人や1日中歩き回る人にとっては、クッション性が高いものがいいかと思います。
エアー足袋などの地下足袋を購入するときは、参加するお祭りに関してその指定がないかどうかを確認しましょう。
色の指定やコハゼ数などで、指定がないかあらかじめ確認しておきましょう。

サイズを選ぶなら、今履いている靴よりも少し大きめのサイズのものを選びます。
お祭りで歩き回ったり、走り回ったりすると足がむくんでしまうので、むくみできつくならないように大きめのものを選びます。
少し大きめのサイズであっても、脱げてしまう心配がないので、安心して履くことができます。

 

 

たびはお祭りにとって欠かせない、お祭り衣装の一つとなっています。
それを選ぶ際は、履き心地はもちろん、歩き回ると足が痛くなりにくいかどうかも気になるところではないかと思います。
実際に選び方を知っておくと、お祭りの際に準備がしやすいと思うので、あらかじめ知っておきましょう。

お祭り用の地下足袋には、靴底にエアークッションを入れた、いわゆるエアー足袋というものが人気です。
エアークッションが入っていると、長距離を歩いても足が痛くならず、疲れにくいです。
お祭りの際に、神輿を担いだり、長い時間歩き回ったりする人に最適なものです。

エアー足袋を種類で選ぶなら、足首の部分が短いものと長いもののいずれかで選ぶ方法があります。
この2つのタイプについて、短いものはコハゼ数が4〜7枚、長いものは12枚くらいとなっています。
短いものは、股引の裾の下に入れて履きます。
長いものは、たびの中に股引を入れて履きます。

たびを選ぶ際に気になるのはサイズです。
サイズ選びは、普段履いている靴よりも少し大きいものにします。
少し大きいと、長い時間歩き回っているうちに足がむくんでくるので、そのむくみできつくならないようになっています。
このことを踏まえて、サイズには十分気を付けて購入しましょう。

足袋情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!
[an error occurred while processing this directive]