ゴールデン期間中の営業ご案内
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
お祭り用品の橋本屋腹掛普段着として腹掛を着たの?

普段着として腹掛を着たの?

腹掛けを普段着として着用する習慣があったかどうかという点において、どの文献を見てもそのような記述は見つかりません。
普段着という着方にどのような定義があるのかさえ、確固たるものがあるかというとそうでもないようで、おそらくは断定的なもので、腹掛けそのものは日本古来からある着衣の一つで乳幼児から大人になるまでそれぞれに用途を変えながらも活用されてきた便利な着衣として、今もなお日本で普及しているというところでしょうか。

赤ちゃんや、乳幼児の頃の腹掛けは、体温調節のために欠かせない肌着として、夏は寝冷えを防ぎ、特に腸の弱い男の子には腹掛は必需品であったと言われています。

また、男性に至っては腹掛けは大変動き易く、様々な作業着としても使い勝手が良く、前部分にどんぶりとよばれるものいれがあることで、小物が多数入れられ、重宝します。
腹掛はそうやっていろいろな業種で好まれ、各種業種によって細かい改良が加えられたりして、現在の形へと変化したものと言えるでしょう。
現在の腹掛けは、主に祭りや、とび職など特殊な歴史的伝統芸能などで使われることが多いです

今では、その便利さから海外の人の目にも止まることもあるようで、腹掛けはお土産などにも好評だそうです。