お祭り用品の橋本屋腹掛腹掛と江戸小紋鯉口シャツ

腹掛と江戸小紋鯉口シャツ

腹掛はシンプルであるが故に、その下に何を着るかセンスが必要です。
カッコよくきめるには、数あるインナーの中でもおすすめなのが、江戸小紋の鯉口シャツです。
大柄で目立ちすぎる鯉口シャツには抵抗がある方や、色が強調しすぎるのは苦手という方におすすめです。

江戸小紋は元々武士の間で発達した染物です。
武士が各藩と区別するため、藩ごとに定めた柄、いわゆる「定め柄」として広まっていきました。

大柄のものも多かった江戸小紋ですが、派手な柄を禁止する命が下った江戸では、職人たちがこぞって、緻密で繊細な型染めをするようになりました。

その名残で現在でも、遠目では無地に見えるほど細かな柄が規則正しく表現されています。
江戸小紋はシンプルな腹掛けの良さを活かす粋な鯉口シャツです。
柄のバリエーションも豊かですので、腹掛けの色との組み合わせを楽しむこともできます。
また、腹掛を着る機会と言えばお祭りです。
夏場のお祭りでは腹掛けの着心地も大事です。
できれば腹掛も鯉口シャツも綿100%のものが良いでしょう。
また、腹掛も鯉口シャツも体にフィットしたものが粋とされていますので、伸縮性も大事です。
洋服と違って、サイズは細かく用意されていますので、自分の体に合った腹掛け、鯉口シャツを選びましょう。