ゴールデン期間中の営業ご案内
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
お祭り用品の橋本屋腹掛祇園祭の腹掛は?

祇園祭の腹掛は?

京都の祇園祭は日本を代表するお祭りで、毎年7月1日から1ヶ月もの長い期間開催されます。
京都の人だけでなく、全国から祇園祭を見ようとたくさんの人が観光に訪れるので、夏の京都は一層華やいだ雰囲気に包まれます。

疫病が流行した863年に無病息災を祈願した事が祇園祭りの始まりだと言われています。
そのため祇園祭りは歴史が古く、日本の伝統を至るところで見る事が出来るのです。

そんな伝統的な祭りで着用される腹掛けは祭りでは必要不可欠な衣装とも言えるでしょう。
祇園祭では特に山車や神輿をたくさん担ぐため動きやすい腹掛けが衣装として適しています。
腹掛けは機能性に優れ簡易的に身に着ける事が出来、通気性があるので見た目ほど暑くなりません。
蒸し暑い京都の夏本番の時期に行われる祭りですから、長時間着れる衣装として腹掛けが選ばれたもしれませんね。

しかも腹掛は祭りの時だけ着る特別な衣装となっているのでお揃いの腹掛を身にまとう事で一致団結し、
祭りを盛り上げようという気持ちになる事が出来るのです。

成人男性が腹掛を着ていると日本男児という感じで格好いいですが、小さい男の子が祭りの日に腹掛を着ているのも可愛いですね。
子どもの場合は腹掛のサイズを毎年新調する事で、成長を願う気持ちも込められています。

これを機に、一枚持っておくのもありかもしれませんね。