キャッシュレスで5%還元

お急ぎ便

即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
お祭り用品の橋本屋足袋【地下足袋の選び方】地下足袋のサイズ選びは「ちょっと大きめ」がコツ!

【地下足袋の選び方】地下足袋のサイズ選びは「ちょっと大きめ」がコツ!

最近は祭り以外にも、ジョギングに登山にと地下足袋が大人気ですから、これから地下足袋デビューしようって方も非常に多いんじゃないかと思います。

地下足袋はほとんどが仕事用ですが、素材や用途によって種類やタイプがおおいんです。
気に入ったタイプの地下足袋が見つかっていざ買うって段階になると、最後に自分の「サイズ」に合ったものを選ばなきゃなりません。

実は地下足袋のサイズ選びには3つのポイントがあるんですよ。
買う前にそのポイントを知っておいた方がいいですね!

それでは今日は、「橋本屋祭館」の黒田専務に【地下足袋のサイズの選び方のポイント】について説明していただきましょう!

【ポイントその1】 地下足袋のサイズの選び方は基本的に靴のサイズと同じで大丈夫!

地下足袋のサイズ選びのポイント1 基本的には靴のサイズと同じで大丈夫です

はい、黒田です。 今日は【地下足袋のサイズの選び方のポイント】ということでお話させていただきます。

まず1つ目のポイントですね。
基本的には、靴のサイズと地下足袋のサイズは同じで大丈夫です。

この2つのサイズの扱いは一緒なんで大丈夫です。
まぁ、細かい点では変わってくるんですけども、それは少しずつお話しますね。

ちなみに当店、橋本屋【橋本屋】では、地下足袋は大人用で22.5cm~30cm、お子さま用ですと13cm~24cmのサイズのものを取り扱っておりますので、その中からお選びいただけます。

エアー地下足袋のサイズについて知りたい人は「エアー地下足袋の選び方は?」を御覧ください>

【ポイントその2】 地下足袋のサイズは中敷きや足袋ソックスで調整するのも選び方のポイント!

地下足袋のサイズ選びのポイント2 地下足袋のサイズは中敷きや足袋ソックスで調整しましょう

2つ目のポイントは、【中敷きや足袋ソックスでサイズ調整をする】ということですね。

足袋用中敷き(インソール)は調整も衝撃吸収材も出来て疲れにくい!

【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm

【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm

こういった足袋用の中敷き(インソール)がありますんでね。
これを地下足袋の中に入れてサイズの微調整をしていただきたい。

こちらは地下足袋だけじゃなくて岡足袋でも使えます。
かなりお手頃価格になっているので、持っておいて損はないと思います。

「【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm」の購入はこちら>

中敷きにも色々種類があるんですけどね。
地下足袋専用に作られた高機能インソールだと、足の形にフィットした形をしていて、かかと部分に衝撃吸収材が使われているんで疲れにくいですよ!

地下足袋専用の高機能インソールの商品紹介のページはこちら>

気をつけていただきたいのは、中敷きはサイズ表記ぴったりに作ってあるので、全く同じサイズの地下足袋には入らない可能性があるんですよ。

そういった場合は中敷の先端の指の部分か、かかとの部分を少しだけ切り取ってから使ってくださいね。

サイズ調整用に足袋ソックスを履けば色柄も豊富で普段遣いもオシャレ!

2つ目のポイントの続きになりますが【足袋ソックスでサイズ調整する】という方法もあります。

足袋ソックス
足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm

足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm

靴下っていうのは、こういう先が2つに分かれた足指ソックスのことです。
こういった足袋ソックスを履いてから地下足袋を履くとサイズの微調整ができますし、滑り止めにもなるんです。

足袋ソックスっていうのは今はどこででも買えますけども、だいたいは基本靴用なんで、地下足袋を履く時にはよろしくないですね。
お祭り用の足袋ソックスだと岡足袋や地下足袋の中に履いても、ぴったりフィットするようになっているんですよね。
足袋ソックスは伸縮性があるのでサイズ展開が大まかなんで、通常の靴下を選ぶ時と同じように選んでいただいて問題ないと思います。

こちらの商品は白と黒ですけどね。もちろん柄物も色々そろっていますよ!

「足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm」の購入はこちら>

いずれにしろ、地下足袋は実際の「自分のサイズよりも少しだけ大きめを選んだ方がいい」ってことです。そうすると、後で調整がしやすいですからね。

それに、祭りで地下足袋を履いて一日中歩き回ったら、足もむくみますしね。
ただ、これは男性の場合で、後でお話しますが女性の場合はちょっと変わってくるんですよね。

足袋ソックスについてもっと知りたい人は「地下足袋、足袋専用のソックス」を御覧ください>

【ポイントその3】 女性が地下足袋のサイズを選ぶ時には、横幅が大きいと中で足が動いてしまうので注意!

地下足袋選びのポイント3 女性が地下足袋のサイズを選ぶ時には、横幅が大きいと中で足が動いてしまうので注意

では、地下足袋のサイズの選び方の3つ目のポイントです。
女性の場合のサイズの選び方の話しになりますが、実は、地下足袋には女性用のサイズというものがございません!

女性の方の足のサイズも昔と比べて大きくなっていますので、橋本屋で地下足袋をお買い求めになる女性のお客様の中には、24.5cm、25cm、25.5cmくらいのサイズの方が結構いらっしゃるんですよね。

しかし、女性の足幅というのは、男性の足の横幅よりも1センチくらい狭いので、この位のサイズ以上になると女性が男性物を履くと少々無理があるんですよ。
ですので、女性の方が自分のサイズで地下足袋を選んで履くと、横幅が少し余って中で足がグラグラ動いちゃうんです。

そうなると危ないですし疲れますから、女性の方の地下足袋の選び方は、男性の場合よりも注意が必要なんです。
足の形とその足袋の形との相性にもよりますが、女性の場合は足のサイズにピッタリか、気持ち小さいぐらいの方がいいかと思います。

ただ、女性の場合も地下足袋を履いて歩き回ったときの足のむくみも計算しておいた方がいいですから、非常にむくみやすいっていう方は男性と同じように気持ち大きめでもいいと思います。

もし履いたときに少しブカブカするなら、先程お話したように中敷きや足袋用靴下なんかを使って、地下足袋のサイズを微妙に調整していただくという風にしてください!

足袋の選び方についてもっと知りたい人は「足袋の選び方は?」を御覧ください>

女性サイズの地下足袋がないのは納得いかない!橋本屋では女性用の地下足袋を開発中!

地下足袋には女性用サイズがございません

この女性用の地下足袋に関しては、当店、橋本屋としてもこれからの課題として取り組んでいきたいと思っているんです。
実は今、色々なメーカーさんに作ってもらおうと頑張って働きかけているんですけども、なかなかメーカーの方で動いてくれません。

しかし、一般に靴の場合は女性用と男性用で分かれているわけですよね。

それなのに地下足袋には女性用がないっていうのは、どうも納得がいかないんですよ。
女性は無理やり男性用の地下足袋を履かされてるってことになりますもんね。

その辺も含めて、当店、橋本屋ではこれから女性用の地下足袋の商品開発をしていきたいと考えております。

以上が、地下足袋の正しいサイズ選び、選び方のポイントとなります。
ありがとうございます!

地下足袋をどこで買ったらいいか分からない人は「地下足袋はどこで売ってるの?」を御覧ください>

祭り用品のサイズについてもっと知りたい人は「祭り用品のサイズ(足元)がどれ位?!」を御覧ください>

地下足袋を履いてお祭りに参加するなら、サイズは本当に自分のサイズにぴったり合ったものを選んだほうがいいですね。
地下足袋が足にぴったりフィットしていないと、靴ずれができてしまうかもしれないし、安心してお祭りで飛んだり跳ねたりできませんからね!

ぜひ当店橋本屋にて、ピッタリのサイズの地下足袋を選んでいただいて、お祭やスポーツを楽しんでいただきたいと思います。

最近は祭り以外にも、ジョギングに登山にと地下足袋が大人気ですから、これから地下足袋デビューしようって方も非常に多いんじゃないかと思います。

地下足袋はほとんどが仕事用ですが、素材や用途によって種類やタイプがおおいんです。
気に入ったタイプの地下足袋が見つかっていざ買うって段階になると、最後に自分の「サイズ」に合ったものを選ばなきゃなりません。

実は地下足袋のサイズ選びには3つのポイントがあるんですよ。
買う前にそのポイントを知っておいた方がいいですね!

それでは今日は、「橋本屋祭館」の黒田専務に【地下足袋のサイズの選び方のポイント】について説明していただきましょう!

【ポイントその1】 地下足袋のサイズの選び方は基本的に靴のサイズと同じで大丈夫!

地下足袋のサイズ選びのポイント1 基本的には靴のサイズと同じで大丈夫です

はい、黒田です。 今日は【地下足袋のサイズの選び方のポイント】ということでお話させていただきます。

まず1つ目のポイントですね。
基本的には、靴のサイズと地下足袋のサイズは同じで大丈夫です。

この2つのサイズの扱いは一緒なんで大丈夫です。
まぁ、細かい点では変わってくるんですけども、それは少しずつお話しますね。

ちなみに当店、橋本屋【橋本屋】では、地下足袋は大人用で22.5cm~30cm、お子さま用ですと13cm~24cmのサイズのものを取り扱っておりますので、その中からお選びいただけます。

エアー地下足袋のサイズについて知りたい人は「エアー地下足袋の選び方は?」を御覧ください>

【ポイントその2】 地下足袋のサイズは中敷きや足袋ソックスで調整するのも選び方のポイント!

地下足袋のサイズ選びのポイント2 地下足袋のサイズは中敷きや足袋ソックスで調整しましょう

2つ目のポイントは、【中敷きや足袋ソックスでサイズ調整をする】ということですね。

足袋用中敷き(インソール)は調整も衝撃吸収材も出来て疲れにくい!

【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm

【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm

こういった足袋用の中敷き(インソール)がありますんでね。
これを地下足袋の中に入れてサイズの微調整をしていただきたい。

こちらは地下足袋だけじゃなくて岡足袋でも使えます。
かなりお手頃価格になっているので、持っておいて損はないと思います。

「【数量限定】 特価品 足袋用 中敷き(インソール) 23cm~27cm」の購入はこちら>

中敷きにも色々種類があるんですけどね。
地下足袋専用に作られた高機能インソールだと、足の形にフィットした形をしていて、かかと部分に衝撃吸収材が使われているんで疲れにくいですよ!

地下足袋専用の高機能インソールの商品紹介のページはこちら>

気をつけていただきたいのは、中敷きはサイズ表記ぴったりに作ってあるので、全く同じサイズの地下足袋には入らない可能性があるんですよ。

そういった場合は中敷の先端の指の部分か、かかとの部分を少しだけ切り取ってから使ってくださいね。

サイズ調整用に足袋ソックスを履けば色柄も豊富で普段遣いもオシャレ!

2つ目のポイントの続きになりますが【足袋ソックスでサイズ調整する】という方法もあります。

足袋ソックス
足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm

足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm

靴下っていうのは、こういう先が2つに分かれた足指ソックスのことです。
こういった足袋ソックスを履いてから地下足袋を履くとサイズの微調整ができますし、滑り止めにもなるんです。

足袋ソックスっていうのは今はどこででも買えますけども、だいたいは基本靴用なんで、地下足袋を履く時にはよろしくないですね。
お祭り用の足袋ソックスだと岡足袋や地下足袋の中に履いても、ぴったりフィットするようになっているんですよね。
足袋ソックスは伸縮性があるのでサイズ展開が大まかなんで、通常の靴下を選ぶ時と同じように選んでいただいて問題ないと思います。

こちらの商品は白と黒ですけどね。もちろん柄物も色々そろっていますよ!

「足袋用靴下 【白/紺】 足袋ソックス サイズ13cm~29cm」の購入はこちら>

いずれにしろ、地下足袋は実際の「自分のサイズよりも少しだけ大きめを選んだ方がいい」ってことです。そうすると、後で調整がしやすいですからね。

それに、祭りで地下足袋を履いて一日中歩き回ったら、足もむくみますしね。
ただ、これは男性の場合で、後でお話しますが女性の場合はちょっと変わってくるんですよね。

足袋ソックスについてもっと知りたい人は「地下足袋、足袋専用のソックス」を御覧ください>

【ポイントその3】 女性が地下足袋のサイズを選ぶ時には、横幅が大きいと中で足が動いてしまうので注意!

地下足袋選びのポイント3 女性が地下足袋のサイズを選ぶ時には、横幅が大きいと中で足が動いてしまうので注意

では、地下足袋のサイズの選び方の3つ目のポイントです。
女性の場合のサイズの選び方の話しになりますが、実は、地下足袋には女性用のサイズというものがございません!

女性の方の足のサイズも昔と比べて大きくなっていますので、橋本屋で地下足袋をお買い求めになる女性のお客様の中には、24.5cm、25cm、25.5cmくらいのサイズの方が結構いらっしゃるんですよね。

しかし、女性の足幅というのは、男性の足の横幅よりも1センチくらい狭いので、この位のサイズ以上になると女性が男性物を履くと少々無理があるんですよ。
ですので、女性の方が自分のサイズで地下足袋を選んで履くと、横幅が少し余って中で足がグラグラ動いちゃうんです。

そうなると危ないですし疲れますから、女性の方の地下足袋の選び方は、男性の場合よりも注意が必要なんです。
足の形とその足袋の形との相性にもよりますが、女性の場合は足のサイズにピッタリか、気持ち小さいぐらいの方がいいかと思います。

ただ、女性の場合も地下足袋を履いて歩き回ったときの足のむくみも計算しておいた方がいいですから、非常にむくみやすいっていう方は男性と同じように気持ち大きめでもいいと思います。

もし履いたときに少しブカブカするなら、先程お話したように中敷きや足袋用靴下なんかを使って、地下足袋のサイズを微妙に調整していただくという風にしてください!

足袋の選び方についてもっと知りたい人は「足袋の選び方は?」を御覧ください>

女性サイズの地下足袋がないのは納得いかない!橋本屋では女性用の地下足袋を開発中!

地下足袋には女性用サイズがございません

この女性用の地下足袋に関しては、当店、橋本屋としてもこれからの課題として取り組んでいきたいと思っているんです。
実は今、色々なメーカーさんに作ってもらおうと頑張って働きかけているんですけども、なかなかメーカーの方で動いてくれません。

しかし、一般に靴の場合は女性用と男性用で分かれているわけですよね。

それなのに地下足袋には女性用がないっていうのは、どうも納得がいかないんですよ。
女性は無理やり男性用の地下足袋を履かされてるってことになりますもんね。

その辺も含めて、当店、橋本屋ではこれから女性用の地下足袋の商品開発をしていきたいと考えております。

以上が、地下足袋の正しいサイズ選び、選び方のポイントとなります。
ありがとうございます!

地下足袋をどこで買ったらいいか分からない人は「地下足袋はどこで売ってるの?」を御覧ください>

祭り用品のサイズについてもっと知りたい人は「祭り用品のサイズ(足元)がどれ位?!」を御覧ください>

地下足袋を履いてお祭りに参加するなら、サイズは本当に自分のサイズにぴったり合ったものを選んだほうがいいですね。
地下足袋が足にぴったりフィットしていないと、靴ずれができてしまうかもしれないし、安心してお祭りで飛んだり跳ねたりできませんからね!

ぜひ当店橋本屋にて、ピッタリのサイズの地下足袋を選んでいただいて、お祭やスポーツを楽しんでいただきたいと思います。

この記事を書いた人

(株)橋本屋祭館 専務 黒田典男

名前が典男ですので、まさに祭典男なんです。(*^^*)
お婆ちゃんが日本神道を信心していた影響もあり、祭館のミッションでもある【日本をお祭りで元気にする!】べく、この名をつけて頂いたと信じております(爆)(^_^)v

日本中の神社のお祭りを生涯かけて巡ってみたいと思うもうじき還暦の親爺です。
子供二人、孫も二人、嫁も一人(爆)の平凡な祭好き、らーめん好きな爺です。愛❤️感謝