「東京2020オリンピック交通対策テスト」に伴うお届けについてのご案内

【G20大阪サミット】開催に伴う一部配送遅延についてお知らせ
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
お祭り用品の橋本屋足袋地下足袋ってなに?

地下足袋ってなに?

地下足袋とは作業労働用の足袋の事で足の裏にゴム底がついていてそれだけで靴のように履くものです。
足のつま先に力が入り踏ん張れる事から農業や鳶職・大工などの力仕事の際に履く事が多いのが特徴です。
足の指が親指と残りの指の二股に分かれているので地面を掴んで歩くような鳶職の方にはとても好まれております。

またお祭り参加でも練り屋台、山車、神輿等の衣装として地下足袋を履きます。

炭坑夫の間で作業がしやすい靴を探っているうちに商品化されたので、地下で使う足袋
=地下足袋の名前となった説もあります。

地下足袋は多くコストが安い、脚にフィットして動きやすい、洗濯出来る、足音が出ないなどメリットが多いのが魅力です。
ただしデメリットは足の保護が出来ない事だったので、最近はつま先保護用や踏み抜き防止のためにスチールプレート(安全靴タイプ)が入っているものや滑りやすい場所でも滑らないもの、疲れやすさを減らすためにかかとにエアークッションが入っているものなどいろんな種類のものが発売されています。
生産はほとんど中国などの海外の工場で作られています。また韓国でもチハヂョクという名前で販売されているようです。

 

地下足袋のルーツは古く、江戸時代に武士や町人が屋内用の足袋を外でも履く事ができるように厚手の布で作った事が始まりだとされています。
しかし現在のようにゴム底がつけられるようになったのは明治になってからです。
なぜ地下足袋、という名前がつけられたのかというと炭坑夫が作業中に履いていたためです。
炭坑は地下で作業が行われていたためにこの名前がつけられたのです。
農業用の地下足袋は水に濡れる機会も多いので、防水加工されています。

地下足袋はコハゼと呼ばれる金具で留めるので、フィット感があります。
最近は脱ぎ履きが楽なようにとファスナータイプのものやマジックテープのものも販売されています。
サイズは従来は文という単位が用いられていたようです。ちなみに1文が24mmになるので計算が難しいですよね。
10文半で現在の25センチの事ですが、現在は靴のサイズがそのまま適用されています。

最近は機能性とデザイン性にも注目が集まり、スニーカー感覚で普段着でオシャレに着こなす若者も増えているようですし、また履き心地がよく裸足に近い感覚で履けるので足の健康にいいと見直され、幼稚園や小学校で取り入れるケースも増えてきているそうです。

どんな地下足袋を選べばいいのかは購入する目的や用途によって異なります。
なので用途に応じてお勧めの商品を紹介していきたいと思います。
まず建築作業用でとび職などの高所で履く場合は軽くて接地感覚の優れたものを選ぶようにしましょう。
土木作業用だと防水性や暑いゴム底タイプのものがお勧めです。

また農業の際に履く場合は泥汚れや水濡れに強いタイプのものを選ぶといいでしょう。
農業用に関しては指先が分かれていない地下足袋も存在しますがこれはほとんど長靴のような扱いになります。

山林作業ではとにかく山の足場が悪いために滑りにくいスパイクがついたものがお勧めです。
祭りでは激しい動きや踊る場面もあるために軽いものや、足への負担を減らすために地下足袋に
エアクッションが入っているものが人気です。
また子供用だと色やデザインもカラフルなものも用意されています。

釣り用も農業用と同じく濡れる機会が多いので防水性が高いもの、そして足場が滑るために
滑り防止がついているものを選ぶといいでしょう。
このように用途を上げていくと現在でもいろんな場面で地下足袋が履かれている事がよく分かりますよね。
地下足袋とは先人の知恵がたくさんつまった便利な履物だと言えるでしょう。

下足袋とは作業労働用の足袋の事で足の裏にゴム底がついていてそれだけで靴のように履くものです。
足のつま先に力が入り踏ん張れる事から農業や大工などの力仕事の際に履く事が多いのが特徴です。
足の指が親指と残りの指の二股に分かれているので地面を掴んで歩くようなとび職の作業にも適しています。

またお祭りで神輿を担ぐ場合も地下足袋を履くケースが多いようです。
たび自体の歴史は古くからあり、江戸自体にはすでに現在のような形で存在したとされますが、
地下足袋の方は1230年代に発明されました。
発明当時すぐに炭坑夫の間で作業がしやすい靴だと人気がでたようです。

地下足袋は多くコストが安い、脚にフィットして動きやすい、洗濯出来る、足音が出ないなどメリットが多いのが魅力です。
ただしデメリットは足の保護が出来ない事だったので、最近はつま先保護用や踏み抜き防止のために
]スチールプレートが入っているものや滑りやすい場所でも滑らないもの、
疲れやすさを減らすためにかかとにエアークッションが入っているものなどいろんな種類のものが発売されています。
生産はほとんど中国などの海外の工場で作られています。また韓国でもチハヂョクという名前で販売されているようです。

地下足袋のルーツは古く、江戸時代に武士や町人が屋内用のたびを外でも履く事ができるように
厚手の布で作った事が始まりだとされています。
しかし現在のようにゴム底がつけられるようになったのは明治になってからです。
なぜ地下足袋、という名前がつけられたのかというと炭坑夫が作業中に履いていたためです。
炭坑は地下で作業が行われていたためにこの名前がつけられたのです。
農業用の地下足袋は水に濡れる機会も多いので、防水加工されています。

地下足袋はコハゼと呼ばれる金具で留めるので、フィット感があります。
最近は脱ぎ履きが楽なようにとファスナータイプのものやマジックテープのものも販売されています。
サイズは従来は文という単位が用いられていたようです。ちなみに1文が24mmになるので計算が難しいですよね。
10文半で現在の25センチの事ですが、現在は靴のサイズがそのまま適用されています。

最近は機能性とデザイン性にも注目が集まり、スニーカー感覚で普段着でオシャレに着こなす若者も増えているようですし、
また履き心地がよく裸足に近い感覚で履けるので足の健康にいいと見直され、
幼稚園や小学校で取り入れるケースも増えてきているそうです。

どんな地下足袋を選べばいいのかは購入する目的や用途によって異なります。
なので用途に応じてお勧めの商品を紹介していきたいと思います。
まず建築作業用でとび職などの高所で履く場合は軽くて接地感覚の優れたものを選ぶようにしましょう。
土木作業用だと防水性や暑いゴム底タイプのものがお勧めです。

また農業の際に履く場合は泥汚れや水濡れに強いタイプのものを選ぶといいでしょう。
農業用に関しては指先が分かれていない地下足袋も存在しますがこれはほとんど長靴のような扱いになります。

山林作業ではとにかく山の足場が悪いために滑りにくいスパイクがついたものがお勧めです。
祭りでは激しい動きや踊る場面もあるために軽いものや、足への負担を減らすために地下足袋に
エアクッションが入っているものが人気があります。
また子供用だと色やデザインもカラフルなものも用意されています。

釣り用も農業用と同じく濡れる機会が多いので防水性が高いもの、そして足場が滑るために
滑り防止がついているものを選ぶといいでしょう。
このように用途を上げていくと現在でもいろんな場面で地下足袋が履かれている事がよく分かりますよね。
地下足袋とは先人の知恵がたくさんつまった便利な履物だと言えるでしょう。

この記事を書いた人

(株)橋本屋祭館 専務 黒田典男

名前が典男ですので、まさに祭典男なんです。(*^^*)
お婆ちゃんが日本神道を信心していた影響もあり、祭館のミッションでもある【日本をお祭りで元気にする!】べく、この名をつけて頂いたと信じております(爆)(^_^)v

日本中の神社のお祭りを生涯かけて巡ってみたいと思うもうじき還暦の親爺です。
子供二人、孫も二人、嫁も一人(爆)の平凡な祭好き、らーめん好きな爺です。愛❤️感謝