お祭り用品の橋本屋鯉口シャツ普段着としての鯉口シャツは?

普段着としての鯉口シャツは?

柄の豊富な鯉口シャツは普段着としての着こなしも多種多様です。
若干派手さを感じるかもしれませんが、その派手さが良いところなのです。

夏の暑い時期ではシャツ1枚で清涼感を感じることも大切です。
Tシャツでは肌にピッタリくっついてしまうこともありますが、鯉口シャツならゆったりと風通しの良さも感じられるため、涼しく過ごせます。
アロハシャツなどと同じような感覚ですね。

よりゆったりと風通しの良さを感じるためには、普段着る他のシャツよりも少し大きめのシャツを選ぶことをオススメします。
大きすぎてしまうとだらしなさを感じられてしまいますが、1つ大きめ程度のサイズであれば問題ありません。
お祭のときにはかなり大きめのサイズが好まれるようですが、普段着として着る際には大きすぎないものを選ぶのがポイントとなります。

また柄は主張しすぎないものを選ぶと、普段着として違和感を感じることも少なくなります。
鯉口シャツは個性的な柄が印象的なため、お祭のときのような派手さをアピールしてしまうことにもなりかねません。
そのため少し落ち着いた柄を選ぶことで、日常的な着こなしの一つとして違和感を感じることなく着こなすことができるようになるのです。
昔から粋な服装として好まれている鯉口シャツは、お祭のときだけでなく普段着としても夏の暑さを乗り切る服装として好まれています。
ですがデザインが奇抜にも感じられるため、少し悪びれた印象を持たれてしまうことも少なくありません。
このような際にはシャツ以外の所で落ち着きを考えてみてはいかがでしょうか。

鯉口シャツのデザインは大変目立ちます。
それに合わせて目立ちやすいパンツや帽子を合わせていたり、アクセサリーでアピールをしてしまっては柄の悪い人のように感じられてしまいます。
そのためシャツ以外の部分は個性を抑えたシンプルなものが適していると言えます。

例えばパンツは柄がなく色も薄めのものを履いたり、アクセサリーは金色や宝石の多いものではなく光り方の穏やかなシルバーを基調としたものとすると、落ち着きを感じさせる着こなしとなります。
シャツが派手な分、他の派手さを抑えることでバランスを取ることができると考えられます。
お祭のときには全身派手に着こなすのも良いのですが、普段着では落ち着きも大切なのです。

また帽子を被るならハットがオススメです。
ハットによって余裕を感じさせることができ、変に悪びれたような印象を持たれることも少なくなります。
涼しい恰好をしているだけなのに不審者のように感じられては困りものですよね。
鯉口シャツを普段着とする際には全体の落ち着きを考えての着こなしが大切です。
派手な柄だから鯉口シャツは普段着に合わない。
そのようなことはありません。
確かにシャツ以外の選び方が難しいことはありますが、ポイントを抑えることによってどのような服装にも合わせることができるようになるのです。

通常鯉口シャツを着る際にはズボンは股引を選択することが多く考えられますが、普段着としてのイメージでは他のズボンも履きたいところ。
例えばジーンズであれば細くピッタリとしているものではなく、ゆったりとした太めのものであればシャツとの相性も良くなるのです。
また涼しさをイメージしたいならハーフパンツでも良いでしょう。

鯉口シャツを格好良く着こなすと、少しヤンチャなイメージに近づきますが、若々しさを感じられるようにもなるため、好感を持たれることも多くあります。
もちろん怖い表情をしていてはそのイメージが強くなってしまいますが、柔らかい表情を意識すればヤンチャなイメージも感じにくくなるでしょう。

また鯉口シャツの和柄は外国の方に好まれており、日本に着たお土産に購入される方も少なくありません。
もちろん外国の方は普段着として購入をされます。

カジュアルなファッションとして着こなすことも十分にできるようになっているため、鯉口シャツは万能な印象も持たれているのです。