ゴールデン期間中の営業ご案内
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
お祭り用品の橋本屋股引祭り以外での使う股引とは?

祭り以外での使う股引とは?

お祭でよく見かける股引きですが、お祭以外にも使う股引きというのがあります。 これは主に下着といった感覚で着用されるものになっています。 一番に保温性を重視してつくられています。

使っている素材も、アクリルやウールなどの暖かい起毛素材で付くられているものが多いです。 股引きの中には、中綿まで入っているものがありますので更に保温性に優れているということですね。 防寒用として着用されるタイツやトレンカに比べたら、暖かさは股引きの暖かさに比べたら落ちるのではないでしょうか。 ファッション性を考えればタイツのようなものの方がいいのでしょうけど、保温性で考えれば股引きが一番だと考えます。

また、これはホームセンターや作業服専門店などに売られているのですが、こうしたお店で売られているものの方が素材的には良いものが多いです。 今で言う、ヒートテックといった感じで暖かさを脚にも求めることでは股引きの着用もありではないかと思います。 お祭でも着用されているものに比べたら使い方が違いますが、保温性という部分では大きな違いはないように思います。 男性用も女性用も、もちろんありますので寒さ対策として祭以外でも活用していくことで寒さをしのげて暖かく過ごせるのではないでしょうか。

 

股引は、祭で使うものとして多く着用されていますが、肌着として股引を使用する場合もあります。 この場合の股引は、お祭で履くように紐がついていてぴっちりとした感じではくものではなく、下着として締め付け感の無い形での着用になります。 紐でもいいのですが、胴回りがかさばってしまいます。

ウエスト部分がゴムでできているもので、その丈の長さも7分や8分などといったサイズがあります。素材は綿で作られているものや、ウールで更に保温性を追求したものもあります。 股引として、下着の考えで使うものになっています。 昔は、男性用の股引が主に世の中に出回っていましたが、現代では女性用のものもあります。 そして、そのデザインもレース使いのものなどがあり、お洒落になっていますので多くの女性の利用があります。 下着と言うイメージで捉えることで、機能性を生かした活用の仕方ができますし年齢や性別を問わず使うことができます。

また、お祭り用の衣装としてのものでも他の衣装と上手く組み合わせることによって、問題なく着用できるものですし、お祭用品としての概念をなくすことで、組み合わせによってはかなり違った印象を与えることができます。 それだけ用途が多いもの、だということがわかると思います。

 

お祭以外でももひきを使う人も、近年多くなってきています。 例えば、和食のお店のスタッフのユニフォームなどに使われているものや、和の雰囲気があるいろいろなお店でももひきを履いて、皆でそろえているお店もあります。 一般的なももひきの印象は、やはりお祭での着用が多くて印象強いものですが、このようにして仕事で着用する制服としての使い道もあります。

和の雰囲気を持ったお店では、ももひきを履くことで更に和の雰囲気が強く出されて印象深いものになります。 他にはイベントでも着用していることがありますし、これと他の衣装を合わせて着ても又違った雰囲気が出せます。 いろいろな服を組み合わせて着まわしていくことで、その時々の物事にマッチするものになります。

最近のものは、裏起毛つきのものがありますので保温性にも長けていて様々なシーンで使うことができます。 もっとお洒落なものでは、リバーシブルで活用できるものもあります。 お祭でももちろん着用できますし、デザインがお洒落なものも多数ありますので普通に和装として普段使うことができるものもあります。

腰巻にして履くものではなく、腰に紐がついていないものもあります。 このようなものは、服に合わせてお洒落を楽しむことができるようになっています。

 

お祭以外でももひきを使う人も、近年多くなってきています。 例えば、和食のお店のスタッフのユニフォームなどに使われているものや、和の雰囲気があるいろいろなお店でももひきを履いて、皆でそろえているお店もあります。 一般的なももひきの印象は、やはりお祭での着用が多くて印象強いものですが、このようにして仕事で着用する制服としての使い道もあります。

和の雰囲気を持ったお店では、ももひきを履くことで更に和の雰囲気が強く出されて印象深いものになります。 他にはイベントでも着用していることがありますし、これと他の衣装を合わせて着ても又違った雰囲気が出せます。 いろいろな服を組み合わせて着まわしていくことで、その時々の物事にマッチするものになります。

最近のものは、裏起毛つきのものがありますので保温性にも長けていて様々なシーンで使うことができます。 もっとお洒落なものでは、リバーシブルで活用できるものもあります。 お祭でももちろん着用できますし、デザインがお洒落なものも多数ありますので普通に和装として普段使うことができるものもあります。

腰巻にして履くものではなく、腰に紐がついていないものもあります。 このようなものは、服に合わせてお洒落を楽しむことができるようになっています。