お急ぎ便

九州地域大雨の影響
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像
  • 橋本屋祭り画像

半股引きと祭り

お祭りなどでは欠かすことが出来ないのが、半股引きです。 半股引きは、昔からお祭りなどで使われていて、今でも幅広い年代の人や女性の人が身につけて、お祭りに参加します。 股引きをよく使うお祭りといえば、太鼓をたたくお祭りなどではないでしょうか? 太鼓をたたくときは、激しくたたいたり動き回ることもあり、半股引きのように動きやすい衣装が適確だと考えられたそうです。 しかし、半股引きはサイズを選ぶのがとても難しいとも言われていて、太鼓演目によりも素材やタイプなどを決めた方がオススメです。

半股引きにはタイプが2種類あり、通常の半股引きとズボンタイプの物が販売されています。 伝統的なお祭りを行う際は、白色の半股引きを使用する場合が多く、町内祭りのようなものの場合のみズボンタイプを履くそうです。 その他のお祭りを行う場合は、紺や黒色の半股引きも人気となっています。 太鼓をたたくときは、股を大きく開いて太鼓をたたくのですが、半股引きは裾口廻りが太ももにフィットしていて、ストレッチ性のある股引きも販売されています。 通常の半股引きを履いて、太鼓をたたくと足がきついという人は、ストレッチ性のある半股引きを選択する方がいいと思います。

夏が近づいてくると、全国各地でお祭りが開催されます。 花火大会を行う場合やおみこしを担ぐお祭りなどが多く、おみこしを担いでいる男性が凛々しく見えます。 大体おみこしを担ぐときは皆、半股引きの衣装に揃えておみこしを担ぎます。 これは毎年の伝統行儀になっていることで、毎年決まって半股引きでおみこしを担ぎます。

おみこしは、神様の乗り物と言われていて、伝統的な儀式にもなっています。 神様を乗せてお祭りがおこなわれている地域を回り、幸福や災いなどを取り除く役割をしています。 このような儀式には、伝統ある衣装の半股引きが有効だと考えられ、おみこしを担ぐときは半股引きでと決まったようです。 最近では、おみこしを担ぐのは男性だけではなく、女性が担ぐギャル神輿などもあります。 女性の場合も、衣装は同じで半股引きにさらしを巻き、その上からはっぴを着ておみこしを担ぎます。 女性がおみこしを担ぐ際は、半股引きを履いていてもオシャレを忘れることはありません。 最近の女性は、手ぬぐいを使って人と違ったオシャレに挑戦する人も多いです。 半股引きを履いて、はっぴを着ると足長効果もあるので、スタイルがよく見えると、女性の間などでも話題になっています。

夏のお祭りの定番といえば、花火大会やおみこしなどではないでしょうか? 夏になると各地域でお祭りがおこなわれ、はっぴを着た人たちがお祭りを盛り上げています。 はっぴを着る際は、下に履くのは半股引き(ももひき)と呼ばれるものを履きます。 半股引きは、半ズボンのようになっているので、足元が見えないおみこしや暑い時期のお祭りに最適です。 おみこしを担ぐ際は、大勢の人全員でおみこしを担ぐため、大変混雑し足を踏んでしまうことも多々あります。 そこで、おみこしを担ぐ場合は地下足袋を履き、半股引きを履いてお祭りを担ぐようになっています。

おみこしは子供が担げるように、子供サイズになっているおみこしもあり、その場合ように子供の半股引きが販売されています。 大人と同じように、半股引きを履きはっぴを着ておみこしを担ぐことが出来ると、お祭りを楽しみにしている子供も多いです。 子供が履きやすいように、半股引きが半ズボンタイプになっている物もあります。 この半ズボンタイプは、子供であっても自分で履きやすく脱ぎやすいため、トイレも簡単にすませることが出来ます。 子供が半股引きを買う際に、ズボンタイプを選択する親も多く人気になっています。