ゴールデン期間中の営業ご案内
即日発送商品はこちら! お祭り初心者はこちら!

男性用の股引

股引は、普段着ている洋服とは違い独特の雰囲気で着た感じも慣れていない人ではしっくりくることがまずないものになっています。 ズボンのように足首までしっかりあるものではなく、くるぶしまでの長さのものが股引になっています。 履いた感じはとてもあたたかくて、フィットしているので風通しもそれほど感じません。

近年ではお祭には欠かせないユニフォームのようなものになっています。 ここで気になるのがサイズ選びですが、少しゆるめの方が動きやすいと思いがちですが股引は素肌で履いて、フィットするサイズを選んでいくと良いでしょう。 また、この衣装も色が白いものや紺色のものがありますので、そのときどきに合わせる気回しがあります。 ズボンの紐は左右非対称の長さになっていて、腰骨で履く形になりひもの止め口はわき腹になります。 正面でとめても良いのですが、さらに腹掛けをきた場合に少しおなかの部分が盛り上がってしまいます。

股引きを履くときには、股の部分が繋がった方を前にもってきてはいていきます。 このときに新しいものですと、足首がきつくて入りずらい場合もありますが少し無理に脚をとしてしまうことで、履けるものです。 股引きの主流の色は紺になっています。

股引は、普段着ている洋服とは違い独特の雰囲気で着た感じも慣れていない人ではしっくりくることがまずないものになっています。 ズボンのように足首までしっかりあるものではなく、くるぶしまでの長さのものが股引になっています。 履いた感じはとてもあたたかくて、フィットしているので風通しもそれほど感じません。

近年ではお祭には欠かせないユニフォームのようなものになっています。 ここで気になるのがサイズ選びですが、少しゆるめの方が動きやすいと思いがちですが股引は素肌で履いて、フィットするサイズを選んでいくと良いでしょう。 また、この衣装も色が白いものや紺色のものがありますので、そのときどきに合わせる気回しがあります。 ズボンの紐は左右非対称の長さになっていて、腰骨で履く形になりひもの止め口はわき腹になります。 正面でとめても良いのですが、さらに腹掛けをきた場合に少しおなかの部分が盛り上がってしまいます。

股引きを履くときには、股の部分が繋がった方を前にもってきてはいていきます。 このときに新しいものですと、足首がきつくて入りずらい場合もありますが少し無理に脚をとしてしまうことで、履けるものです。 股引きの主流の色は紺になっています。

 

男性用のももひきは、お祭のときに良く見かけます。 また、消防や木遣纏などをしている人達にも着用されています。 ももひきの特徴と言えば、後ろで左右の股上が重なっているもので、脚の部分が極端に細いものになります。

そして袖口の部分は細くしまっている形がももひきになります。 今では半纏と組み合わせて着用されています。 日本では、伝統的なボトムスにあたり下着としても昔は使われていました。 腰から足先にかけてダボッした感じで履くのではなく密着させた感じで着用するのが基本になっています。

また、腰の部分で履いてわき腹で固定する形です。 安土桃山時代にポルトガルから伝わってきたもの、その名をカルサンと言われていた服が原型と言われています。

江戸時代には、鯉口シャツや腹掛けと一緒に職人の人達が着ていて作業服代わりになっていました。 ぴったりとしたフィット感が仕事において、とても動きやすく更に保温性もあるので重宝されていたものです。 染めの一種の藍染のものですと、色落ちがしてしまいますが又この色落ちも何度かしていくうちにとても風合いのあるものになっていき、着用する人によってはその色あせ具合を自ら調整している人たちもいるくらいです。