オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

足袋はどこで売ってるの?

足袋とは日本の伝統的な衣類ですが、現在は特別な機会がないと身に着ける事はありません。
そのためいざ必要という状況になってもどこに行けば手に入るのか分からないという人も少なくないでしょう。
では足袋はどこで売っているのでしょうか?

まず足袋を身に着ける用途を考えてみて下さい。
着物を着る際に身に着けるというのであれば、着物を購入した呉服屋さんや和装小物を販売しているお店でも売っているでしょう。
着物はレンタルしたから呉服屋がどこにあるのか分からないというのであれば、デパートに呉服屋がテナントとして入っている事が多いので、一度近所のデパートを確認してみて下さい。

お祭りの際に身に着けるというのであれば、祭りの半纏などを購入したお店に売っています。
お祭りを主催している神社仏閣の近くの商店街でも売っている可能性があります。

他にも地下たびであればホームセンターにも販売しています。
大工さんが仕事で身に着けるものであれば作業着屋で販売しています。
また近くに店舗があるかどうか分かりませんが、足袋専門店も存在します。
身に着ける用途に応じて販売しているところもさまざまなので、用途に合わせて購入場所を探してみるといいでしょう。

 

日常生活の中で足袋を身に着ける機会はそう多くはありません。
そのためいざ必要になった時にどこに行けば手に入れる事が出来るんだろうと困惑するかもしれません。
しかし場所を特定する前に種類がいくつかある事を理解し、自分がどの種類を必要としているのかで購入先が変わる事を理解しておきましょう。

まず一般的に足袋と聞いて思い浮かべるのは白たびでしょう。
一般の人なら着物を着る時に、それ以外では僧侶や茶人、能楽師、歌舞伎役者、弓道場や相撲の土俵に上がる際など、職業的に身に着けている人もいるでしょう。
呉服屋や和装小物のお店で購入するのが一般的です。

祭足袋はゴム底を貼り付けた地下足袋の一種です。祭りの半纏や半被などが売られているところで一緒に販売されていますし、地下足袋なら農林業や大工、左官などでも使用するために作業着のお店で販売されています。
また山登りの際に使用する事もあるので、山登り専門店でも販売されています。

意外と身近で売られている事も多いのですが、近所に売っていないというのであれば、ネットからでも購入する事が可能です。
楽天などのネットショップでキーワード検索をするといろんなサイトがヒットするでしょう。

足袋がどこで売っているのか分からないという場合、一番簡単な方法はネットで購入する事です。
ネットならお店に行く手間がかかりませんし、料金の比較をする事が可能です。
足袋のサイズなんて分からないと思う人もいるかもしれませんが、最近は靴のサイズと同じで○pと表記されている事が多いので、ネットから購入しても何も不都合はないのです。

例えば身に着ける用途がお祭りの際にというのであれば、お祭りの半被や腹掛け、鰐口シャツなどお祭りに必要なグッズが全て一度に手に入るお祭り用品、ドットコムというサイトが便利です。
そのサイトでは地下足袋、ゴム底足袋、白足袋などなんでも揃っています。
白だけでなく、ちょっと珍しい色付きの黄色や赤色も用意されているので、祭りの衣装に合わせて選ぶ事ができるでしょう。
お値段もお手頃価格で、実店舗で買うよりも割高という事はありません。

また大工や左官など新しく始める仕事でたびが必要となる場合はネットで購入する事ももちろん可能ですが、この場合は料金の安さだけで選ぶのは危険です。
安全性や作業のやりやすさ、耐久性などが重要視されるので、実際に現場で働いている同僚や上司にどこで購入しているのか、教えてもらうのが一番です。

足袋情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!