店内商品全品送料無料キャンペーン
オリジナルセットヤマタ印ヤマタ エアー足袋祭り足袋信頼の実績即納

股引の生地の種類って? その1

祭りの際の衣装として深く定着している股引。
タイトに履きこなし、江戸時代の火消しを連想させる、日本ならではの文化と伝統の形といっても過言ではないこの股引には現在、様々な種類が存在します。
元々、股引というものは江戸時代に大流行した作業着のことを指します。
ですから股引には、その時代の衣類である特徴が色濃く表れています。

履き方が特殊であり面倒であったり、サイズ感が異なっていて窮屈であったり、そのビジュアルが持つ雰囲気も現在の文明のものとは大きく異なりますね。
ですが、近年、そんな従来の股引のデメリットとも呼べるイメージを払拭しながらも外観はきちんと伝統にしたがっているようなものが人気を博しています。
それがゴム股引です。

本来、股引はベルトのようなひもが左右に伸びるようについていて、そのひもを手順を追って結ぶことでやっと、腰を締め、召し物としての役割を持つことができるようになるのですが、ゴム股引にはこの面倒な手順が一切いりません。
ゴムによる収縮性で腰をしっかり締め、それでいて見た目は通常の股引と変わらないので利便性にとても優れています。
敷居の高い、祭り衣装の入り口として活躍するほか、中々じっとしていられないような子どもにも適しています。

股引情報(キーワード検索)気になるキーワードをクリック!!