店内商品全品送料無料キャンペーン
大量購入割引 OUTLET 選び方ガイド ヤマタ エアー足袋 橋本屋2017年カレンダーダウンロード配信中 橋本屋 祭館 卸 即納 鯉のぼり専門店 モバイルも充実
橋本屋の3大会員特典 新規会員登録
専務ブログ橋本屋だら♪ 専務ブログ祭歳時記
カレンダー


水曜日定休
営業時間 10:00〜18:00

昔の股引は作業用?

時代劇に登場する人たちがよく着る服装の中に、股引というものがあります。
下着としても使われるもので、穿いた時に密着する感じがするズボンです。
腰の部分をひもで結び、それをはいて作業着として使われることが多かったです。
作業着としては腹掛とともに身に付けることが多く、時代劇で見ててもわかるとおりあらゆる場面で目にします。

股引が作られたきっかけは、安土桃山時代にさかのぼります。
当時ポルトガルから伝わったとされるカルサオと言われる服が原型とされ、それをもとに作られた股引が江戸時代によく利用されました。
股引はその密着するようなはき心地から、保温・防寒用の下着として、いわゆるズボン下のかたちで利用されました。
現在でも、男性用下着として冬場によく販売されています。

下着や作業着として使われる股引は、木綿地で作られるものが多かったです。
脚に合わせて作られ、腰と足首をひもで締めるようになっています。
作業着として利用するときは、腹掛とともに身に付け江戸時代を代表する職人の服装と言われています。
また絹地で作られた股引は、パッチと呼ばれていました。

股引は脚にぴったりとくっつくほど細身に作られ、それをいなせとしていました。
極端に作られたものは、竹の皮をあててかかとを滑らせなければなりませんでした。