大量購入割引 OUTLET 選び方ガイド ヤマタ エアー足袋 橋本屋2017年カレンダーダウンロード配信中 橋本屋 祭館 卸 即納 鯉のぼり専門店 モバイルも充実
橋本屋の3大会員特典 新規会員登録
専務ブログ橋本屋だら♪ 専務ブログ祭歳時記
カレンダー


水曜日定休
営業時間 10:00〜18:00

半股引の選び方

熱い夏やおみこしを担ぐのであれば、さらしに半股引きを合わせるのがいいと思います。 夏祭りなどは、半股引きを履くのが主流になっているお祭りが多いです。 お祭りに行った際に、半股引きを履いた男性や女性、子供などを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか? 半股引きを買う際には、半股引を選ぶポイントがあります。

伝統のある半股引きは、一枚の布のようになっていて、履き方を覚えないと自分で履くのは難しいかも知れません。 通常のズボンタイプの半股引きも、販売されるようになって来ています。 簡単に履けるということもあり、子供から大人まで人気を集めています。 半股引きのズボンタイプの履き方は、下着の上からズボンと同様に履くだけとなっているので、とても簡単です。 ズボンタイプの半股引きは、子供が履いていてもトイレに行きやすいという特徴があります。 年配の人の場合は、ズボンタイプをあまり好む人はいないようで、伝統ある半股引きを履いている人が多いです。 おみこしなどを担ぐ際は、いろいろな願いを込めておみこしを担ぐこともあるため、伝統的な半股引きが好まれることもあります。 地域によって考え方はさまざまで、地域の小さなおみこしを担ぐ行事などの場合のときは、ズボンタイプの半股引きなどを履いて、おみこしを担いでもいいという地域もあるようです。

おみこしを担ぐ際、秋の肌寒い時期であっても半股引を履いて、行うというのが伝統になっています。 半股引を履く際は、さらしや地下足袋などを履いて、半天やはっぴなどを合わせて着ることが多いです。 最近では、子供から大人まで履けるズボンタイプの半股引も販売されるようになっていて、簡単に履けるところやトイレに行きやすいという理由で支持されています。 子供の場合、伝統のある半股引を履いてしまうと、一人でトイレに行けないことなどがあり、ズボンタイプの半股引が出て来たとも言われています。

伝統のある半股引ですが、購入する時の注意点はあるのでしょうか? 伝統のある半股引には、ウエストの表示などがありません。 半股引を購入する際は、自分の太ももの部分にピッタリと合うサイズを選ぶことがポイントです。 太ももに筋肉がついていて、通常の人よりも太ももが太い場合でも、ウエストのサイズは関係ないので安心です。 ウエスト周りは、半股引を履き終えた後にひもで縛って調節が出来るので、ウエストが全く合わない人でも安心です。 以前までは、半股引の下はふんどしなどを履いていた人もいたようですが、現在はふんどしを履かず通常のボクサーパンツなどを履いて、半股引を履く人が多いようです。

 

股引きはももひきとも呼ばれていて、年配の人は昔から通常の服の下にももひきを履いて生活をしていました。 最近ではタイツやレギンスがあるので、ももひきを履く人は少ないですが、年配の人は今でもももひきを履いて生活している人もいるそうです。 ももひきは発熱性がある物もあり、保温をしてくれることでも知られています。 男性の場合は、冬になるとスーツの下にももひきを履いている人もいるようです。

股引きには、いろいろな種類があり黒股引きや白股引き、半股引きや通常のズボンタイプの半股引きなどが販売されています。 黒い股引きを履くときは花火を上げる際になどに、花火を上げる人などが履いているイメージが強いと思います。 半股引きの場合は、おみこしや夏のお祭りなどに見ることが多く、見かけたことがある人が多いと思います。 赤ちゃん用の股引きも販売されていて、大人用の股引きとは違って腹掛けと一緒にセットになっている物が多いです。 赤ちゃん用の選び方は、身長によってサイズを選ぶことが出来ます。 赤ちゃん用の股引きは、ストレッチ生地で作られているので、赤ちゃんでも動きやすいです。

女性用の半股引きを選ぶコツは、太ももにサイズを合わせて購入することがオススメです。 通常のズボンの場合、ウエストが細い女性はウエストがブカブカになってしまうことがありますが、半股引きはひもでウエストを調整できます。